【熱中症対策】夏場の水分補給は経口保水液で!

夏場の登山では大量に汗をかきます。
そして失った水分はキチンと補給しないと、すぐに熱中症になってしまいます。

真水を飲むだけでも違いますが、汗と一緒にナトリウムやカリウムなどの電解質も失われているので、それらも同時に摂取したほうがいいです。

スポーツドリンクでも電解質などは摂取できますが、糖分が多量に含まれているので、飲み過ぎは良くありません。

自作の経口保水液

image

必要な栄養を摂取でき、自分の好きな味にアレンジできる自作の経口保水液をオススメします。

簡単かつ安価で大量に作れるので、夏場の登山はこれで乗り切ることができます。

作り方ですが、原材料は
・水 500ml
・塩 小さじ1/4杯
・砂糖 大さじ2杯
です。

作り方は、ペットボトルに入れて振るだけです。誰でもできます。

砂糖大さじ2杯は多く感じるかもしれせんが、ポ○リスエットの半分程度です。
あれよりはだいぶ糖分控えめなので、血糖値が気になる人にもオススメです。

しかしこれだけでは美味しくないので、お好みでレモンやオレンジ果汁などを入れると美味しくなります。
清涼飲料水が砂糖大量なのに飲みやすいのは、酸味料が入っているからです。
自作経口保水液にも酸味料の代わりに柑橘系果汁を入れる事によって、清涼飲料水と同じように飲みやすくなります。

もっとこだわって作りたいという人は、砂糖の代わりにマルトデキストリンを入れたり、果汁ではなくクエン酸を入れたりしてもいいと思います。

自分好みにアレンジが出来るのが自作経口保水液の良いところです。

是非一度試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です