童心にかえって楽しめる!大人が本気でやるザリガニ釣り

The following two tabs change content below.
カナモ
アウトドア大好きな自称「世捨てびと」。 山と自然とコーヒーと猫をこよなく愛する、The アウトドア人間。 必殺技は無人島サバイバル。 低血糖&少食で、しょっちゅう貧血を起こす。 詳しいプロフィールはこちら!

今日は午後からザリガニを釣りに行きました。

僕の地元は水の綺麗な山の中で、子供の頃はザリガニを見ることが殆どありませんでした。
たまに大阪のいとこの家に泊まりに行った時に、裏の水路でザリガニを釣ったことがある程度で、ザリガニを間近で見たのは数える程しかありません。

なので、兄と二人で年甲斐もなくはしゃぎながらザリガニ釣りを楽しんでしまいました。

だいぶ少なくなってる?

昔(20年前)は、前述の水路を埋め尽くす程ザリガニがいました。
しかし前日同じ水路に行くと、綺麗に改修工事されていて、ザリガニは一匹もいませんでした。
他にも、昔はザリガニが沢山いたという場所も、今では殆ど見かけなくなったそうです。

洪水対策の為に川や水路を綺麗にしたせいで、ザリガニが住める場所が著しく減っているという訳です。

エサはスルメで

image

ザリガニ釣りといえば、スルメが定番のエサです。
スルメの良い所は、長持ちする所とツマミになる所です。

このスルメには親切にもマヨネーズが付いているので、食べない手はありません。
多分エサにするよりも胃に入った量の方が多いです。

意外と楽しい

普通に魚釣りをするためには、ロッド、リール、糸、針、エサなど色んな物が必要で、お金もそれなりにかかります。
しかしザリガニ釣りで最低限必要なのは糸とスルメと容器だけで、全部100均で揃えることもできます。

今回は確実に釣り上げる為に網も用意しましたが、それでも本格的な魚釣りに比べると遥かに安いです。

しかもザリガニの引きは案外面白くて、掛かったと思ったら意外とあっさり逃げられたりして一筋縄ではいきません。
最終的には僕が網を持って川に入り、兄が釣ったザリガニを水の中で掬うという連携プレーで、多少手こずりながらも6匹程釣り上げました。

image

童心に帰ってはしゃぐアラサーとアラフォー。
傍から見たら中々笑える光景だったと思います。

今度は食用?

ザリガニが食べられることは有名ですが、味を知っている人は少ないのではないでしょうか。

なので、今度大量に釣れたら食べて追記したいと思います。

乞うご期待。

2 件のコメント

  • 我が家の近所の池も、ザリガニがいなくなりました。
    小学生の頃は毎週そこでザリガニ釣りを楽しんでいたものですが・・・。
    いまでも探せばザリガニスポットがあるのでしょうが、やっぱり少なくなっているんでしょうね。
    でも大人になってからも、やりたいと思いますね!

    • 波田純様

      やはりどこも少なくなってるんですね。
      川や水路の整備が必要なのは分かりますが、そこに住む生き物への配慮もして欲しいですね。
      ザリガニに限らず。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です