これひとつで山にも街にも旅にも!超便利で安全なバックパック

出典:A&F(http://aandf.co.jp/brands/pacsafe/)

スポンサードリンク

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

僕はアイテムが大好きです。

その中でもバックパック(ザック)は特に好きで、気づけば一人で持つにはおかしいほどの数を揃えてしまいました。なので、バックパックに関してはうるさい方だと自覚しています。

そんな僕がオススメする、どんな用途でも使えるバックパックを紹介したいと思います。
先に結論だけ言いますが、最高です。

因みに普段はザックと言ってますが、これはタウンユースが主な用途なので便宜上バックパックと言うことにします。

 

pacsafe ベンチャーセーフX22

pacsafeパックセーフ ベンチャーセーフX22

出典:A&F(http://aandf.co.jp/brands/pacsafe/)

まず何と言っても見た目が好きです。
山用のザックはデザイン的にタウンユースに向いてない物が多いですが、これはどこでも違和感なく使えます。カラーは BLACK、DEEP MINT、HAWAIIAN BLUEの3色で、発色もよく使う人を選びません。

 

防犯意識が超高い

そしてpacsafe最大の特徴は、セキュリティに関する意識がとても高いということです。これは主に海外旅行で役に立つことが多いと思います。

治安の良くない国に旅行に行くと、置き引きやひったくりは当然のようにあります。むしろちゃんと防犯しておかない旅行者の方が悪いという認識すらある国も多いです。

pacsafeパックセーフ ベンチャーセーフX22

出典:ZOZOTOWN(http://zozo.jp/shop/aandfcountry/goods/12653124/)

しかしpacsafeのバックパックなら安心できます。
例えばジッパーは誰かに開けられるのを防ぐため、付属のアンカーで固定することができます。

pacsafeパックセーフ ベンチャーセーフX22

出典:ZOZOTOWN(http://zozo.jp/shop/aandfcountry/goods/12653124/)

ショルダーストラップはクライミングギアにもよく使われているダイニーマ製で、多少引っ張った程度では絶対にちぎれません。ショルダーストラップ自体にもワイヤーが入っています。

pacsafeパックセーフ ベンチャーセーフX22

出典:ZOZOTOWN(http://zozo.jp/shop/aandfcountry/goods/12653124/)

右のショルダーストラップは取り外すことができます。

例えば旅先で荷物を下に置きたい時、そのままでは置き引きの格好の餌食ですが、ショルダーストラップを柱などに通しておけば、少なくともその場から持ち去られることはありません。しかもアンカーにはロックシステムが採用されていて、一瞬で取り外される心配もありません。

pacsafeパックセーフ ベンチャーセーフX22

出典:A&F(http://aandf.co.jp/brands/pacsafe/)

そして前面にはナイフなどでの引き裂き防止のため、ワイヤーメッシュが施されています。
ここまで防犯意識の高いバックパックはなかなか無いと思われます。

 

使用シーンが超広い

このバックパックの凄いところは防犯面だけでなく、その用途の広さにもあります。

pacsafeパックセーフ ベンチャーセーフX22

出典:ZOZOTOWN(http://zozo.jp/shop/aandfcountry/goods/12653124/)

例えば前面のポケットですが、細かく区分けされているので手帳やペンなど、普段使うものを収納しておくことができます。その奥にはパスポートや財布など、無くしたら困るものをしまっておくスペースもあります。

カメラはストラップを上部のアンカーに通しておけば落下も防げるし、防犯上も有利です。

pacsafeパックセーフ ベンチャーセーフX22

出典:ZOZOTOWN(http://zozo.jp/shop/aandfcountry/goods/12653124/)

メイン気室にはハイドレーションパックやノートPCを収納するスペースがあり、登山・自転車・タウンユースなど、色々と役に立ちます。上部にはメッシュポケットがあるので、小物を入れるのに重宝します。

トップリッド(雨蓋)的なものもついているので、登山用ザックのように使うこともできます。

pacsafeパックセーフ ベンチャーセーフX22

出典:ZOZOTOWN(http://zozo.jp/shop/aandfcountry/goods/12653124/)

前面下部にはライトを装着できるので、夜のサイクリングも安心です。

pacsafeパックセーフ ベンチャーセーフX22

出典:ZOZOTOWN(http://zozo.jp/shop/aandfcountry/goods/12653124/)

底部にはレインカバーも装備されていて、雨の日でもアウトドアアクティビティを楽しむことができます。しかもこれだけ高機能なのに、重量は865gとそこまで重くないので、長時間背負っていても疲れにくいです。

まぁ重量よりもフィット感の方が重要ですが、背負った感じはかなり良好でした。背面の通気性も良いです。

 

まとめ

今回紹介したのはベンチャーセーフX22ですが、ひと回り大きいベンチャーセーフX30もあります。X30はヒップベルトがしっかりしたものになってますが、他はあまり変わらずといった感じです。

総評としては、僕が今まで買ったバックパックの幾つかは、ベンチャーセーフX22によって確実に用済みになります。それ程このバックパックは多用途で使いやすく、デザインも良い物ということです。

嬉しいやら悲しいやら。

 

スポンサードリンク

出典:A&F(http://aandf.co.jp/brands/pacsafe/)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です