モンベルの底力を見た!日帰り登山にレラパック30がオススメな5つの理由

出典:tanakakikai.com

スポンサードリンク

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

ハイカーの中では「登山界のユニクロ」と言われているモンベルですが、それは決して馬鹿にしてそう言っている訳ではありません。「安く」「使いやすい」商品を「どこでも」手に入れることができるからです。そしてザックからウェア、靴、果ては調理器具まで、全て自社オリジナルの商品を揃えているのはモンベルくらいなもんです。

モンベルはまさに「山の総合商社」といった位置づけです。

今回はそんなモンベルのザックについて考察したいと思います。

レラパックがヤバい

数あるモンベル商品の中でも僕がオススメするのは
「レラパック30という登山用ザックです。

まずは基本情報です。

  • 重量:971g
  • カラー:コバルトブルー(CBL)/ ガンメタル(GM)/ ライトタイム(LTTM)
  • 容量:30L(高さ56×29×奥行き17cm
  • 背面寸法:53cm
  • 機能:チェストサポート/フック付きコード/ワンドポケット/ヒップベルトポケット/ウエストベルトホルダー/パックカバー付き

ザックリとこんな感じです。このザックの何がそんなにいいのかを、5つのポイントで説明していきたいと思います。

価格

安いです。

30L11,800(税抜)と、全体的に安価なモンベル製品の中でも際立つ価格で、これから登山を始めようと思っている人にもピッタリです。Mystery Ranchのザックだと、同程度の容量で20,000円はしますからね。

安いからといって素材をケチったり強度が足りなかったりするわけでは無いです。寧ろ下手な海外メーカーのザックより遥かに頑丈です。

 

腰骨が全っ然痛くない

出典:tanakakikai.com

出典:tanakakikai.com

ザックを買い換える原因のひとつに「ヒップベルトが痛い」というのがあると思います。長時間背負うことが多く、ちょっとしたズレが酷い痛みに繋がりかねないので、ザック選びは慎重にするべきです。

僕はザックを選ぶとき、ヒップベルトのフィット感を1番に考えていますが、レラパックのヒップベルトは腰骨の出っ張りに当たらないように設計されているので、腰回りは信じられないくらい快適です。

これで痛いという人は、そもそもザックの背負い方に問題があるんじゃないでしょうか。ほんと全っ然痛くないですから。
※画像はレラパック25ですが、レラパック30も同じ構造です。

 

雨蓋が無い

出典:tanakakikai.com

出典:tanakakikai.com

長期縦走用の大型ザックは別として、日帰り登山で使うザックに雨蓋が本当に必要なのかといつも思います。雨蓋をアタックザックとして使うことも無いし、重量も増えてメイン気室へのアクセスも悪くなる。正直デメリットの方が多いと僕は思います。

その点レラパックは雨蓋が無いので、メイン気室へのアクセスも早いし、構造がシンプルになる分重量も軽めです。すぐに取り出したい小物を入れる為のポケットもちゃんと付いているので、雨蓋が無くても全く困りません。

 

背面が快適すぎる

出典:tanakakikai.com

出典:tanakakikai.com

V.B.P(ベンチレーションバックパネル)システムというものを採用していて、本体バックパネルが直接背中に触れることはなく、通気性は最高です。メッシュ部分が背中に当たる形になるんですが、金属フレームでメッシュを浮かしていて、いわばハンモックのような状態なので、背中へのフィット感も抜群です。

まぁなんせ背負い心地が最高です。

 

因みにレラパックは背面の通気性が高いので夏場の登山にオススメとありますが、冬場でも全然問題なく使える筈です。いくら冬場の登山でも、登っていると背中に汗をかきます。背面の通気性が低いザックの場合は、汗が冷えて背中を中心に体温が下がってしまうこともあり得ますが、通気性の良いレラパックなら、その心配は少なくて済みそうです。何よりも低体温症が1番怖いですからね。

 

バカっと開く

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

大抵のザックはその構造上、メイン気室へのアクセスは上部から行うようになるんですが、ザックの直径以上に入り口を広げることができません。筒型なんで当然といえば当然ですが。

しかしレラパックはそもそもの構造がかなり異なるため、メイン気室のジッパーを全開にすると、蛇の口みたいにバカっと開きます。なので荷物の取り出しやすさやパッキングのしやすさはかなり良好です。

 

まとめ

レラパックは、よくある登山用ザックとは構造が少し異なります。でも日帰り登山に限って言えば、正直こっちのほうが使いやすいと思います。値段も手頃で、これから登山を始めようという人にはピッタリの選択肢ではないでしょうか。

「モンベルは初心者向け」とか言っている人がたまにいますが、それはブランドイメージだけで言ってるんじゃないでしょうか。日本の気候風土や日本人の体型に合わせて開発されたモンベル商品は、初心者から上級者まで満足できる物が多いと僕は感じています。

 

スポンサードリンク

出典:tanakakikai.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です