ブログで稼ぐには「個性」と「体験」が何よりも大事という話

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

このブログを開設して2年と数ヶ月になります。僕はブログ以外に仕事をしてない、いわゆる「プロブロガー」の端くれです。ほんま端っこの方です。もう名乗ったもん勝ちみたいなもんですね。

「ブログだけで生活なんて無理やろ」と思われがちですが、それでも僕はまだ生きてます。つまりギリギリ最低レベルの収益は確保してるわけで、これまで色々積み重ねてきました。それなりにね。

なので今回は、ブログで一定の成功を収めるにはどうしたらいいのかを、僕の経験を基にサクッと説明したいと思います。

 

知名度の壁

名称未設定.001

ブロガーが初期にぶち当たる壁は「知名度」です。

有名人なら何を言っても注目されます。

例えば市川海老蔵がブログで「歌舞伎辞めたいぽよ」とか言うと、ものすごいリアクションが来るのが簡単に予想できます。なんならニュースになるかも。電車の吊り広告には「海老蔵『辞めたいぽよ』新宿2丁目でつぶやく。オネェ路線に転向か?」みたいなね。

しかし同じように一般人が「会社辞めたいズラ」とか言っても、リアクションしてくれるのはせいぜい家族と友達くらいでしょう。

ブログは知名度がすべてではありませんが、間違いなく重要な要素です。では無名の僕たちがどうやって世間の注目を集めるのか。それには大きく分けて3つの方法があります。

炎上

ある意味1番簡単な方法です。ネタが尽きたブロガーや、性格的にとんがった人がよくやる手法です。

炎上とはつまり、世の中の反感を買うような事を言って注目を浴びる方法です。あまり良いイメージは持たれにくいですが、立派なマーケティング手法のひとつです。正直僕は1番手を出したくない方法ですが。

だって嫌われるのは相当なハートの強さがいりますからね。そしてできれば嫌われたくないというのは誰もが思うことです。だからこそ、あえて炎上させることで批判的な、しかし多数の注目を集めることができます。まぁその気がなくても炎上する人はいますけどね。ある意味天才です。

 

他を圧倒する

1番確実ですが、1番しんどい方法です。

ネット上ではありとあらゆるコンテンツが存在します。今からブログを始める人も、既にやってる人も、同じようなテーマの強豪は必ずいます。そういった人たちと差をつけるには、他の誰よりも役に立つ情報を提供するか、もしくは誰よりも印象に残る記事を書く必要があります。それができれば知名度や収益は後から必ずついてきますが、ハッキリ言って相当に険しい道です。

ほとんどのブロガーはここを狙いますが、その大半が挫折しています。

 

誰もやらないことをやる

上記の2つの方法を取らずにアクセスアップを狙うなら、まだ誰もやってないようなことに挑戦すればオッケーです。

僕はこの方法を選択したひとりです。サバイバルなんてアホみたいなコンテンツを真剣に取り組んでる人は少なく、競争相手は限られます。カメ五郎氏だけはバッチバチに意識してますけどね。その代わりニーズをしっかりと見極める必要があります。いくら新しいジャンルでも、需要がなければただの独りよがりな趣味でしかありません。

 

自分だけの景色を手に入れる

mountain-298999_1920

なんかフワッとした表現ですいません。ブロガーって、ずっとPCにかじりついてるインドア派なイメージを持たれることが多いです。勿論そういう人もいます。ブログ構築のノウハウ系を扱ってるブロガーなんて特にそうですね。別に外に出なくてもウェブの情報だけで記事は書けますからね。しかし、ブロガーこそ足で情報を集めるべきだと僕は考えています。

ウェブで拾える情報を集めるだけの記事に面白みや新鮮さはありません。最近では「ウェルク」という医療系のキュレーションサイトが色々と問題になっているし、誰かの二番煎じが通用する時代ではなくなってきています。ならばブロガーが生き残るためにはどうしたらいいのか。

答えは「あなたにしか見えない景色を見に行く」ことです。

外に出て、新たな刺激を受けまくりましょう。
知らないことや敬遠してたことに挑戦してみましょう。
いろんな人と出会い、話しましょう。

そういった経験の中で、他の人には見えないあなただけの景色が見えてきます。どんなテーマのブログにせよ、そういった経験が必ず活きてきます。必ずです。嘘だと思うなら試してください。僕は自分だけの景色や世界を手に入れています。だからこそ、今までなんとかやってこれたんだと思います。

実際に僕の場合、文字に起こす作業は全体の2%くらいです。いろんなところに行ってキャンプやサバイバルしないと、僕らしい記事は書けません。飛行機に乗って関西空港と石垣島を何度往復したことか。石垣島〜西表島間を運行している揺れの激しい船に何度ゲンナリしたことか。こういった「体験」というのは、他の人にはないあなただけのものです。

体験をどんどん積み重ねていきましょう。
それがあなた自身の屋台骨となる筈です。

ついでなんで、僕がブログを1記事書き上げるためにやってる流れを紹介したいと思います。今までで1番時間のかかったパターンで。

  1. 年末に西表島サバイバルの旅計画
  2. 自宅で装備を整える
  3. 石垣島までの航空券手配(片道)
  4. 年明けに出発
  5. 丸1日かけて西表島のキャンプ場に到着
  6. キャンプ場で1泊
  7. 未開の地に向けて出発
  8. 8時間海や山を歩き続けて目的地に到着
  9. そこで1週間滞在&動画撮影
  10. 死にかけながら6時間かけて集落に戻る
  11. ゲストハウスで動画アップ&記事作成

こんな感じです。
たった1記事書くために、全部で1ヶ月かかってます。

しかしそのおかげか、僕と言えばサバイバルやってるヤバい奴というイメージが定着してきました。

その記事が直接大きな収益に繋がらなくていいんです。何より大切なのは自分(ブログ)のスタイル作り上げるということです。西表島サバイバルで、僕のスタイルはある程度確立できたと感じています。

 

自分という商品

名称未設定.001

色々と試行錯誤して、そのカテゴリのどのブログにも負けないような情報量の記事が出来たとします。しかしそれだけじゃあと一歩足りないんです。

YouTuberが分かりやすいんですが、ヒカキンやはじめしゃちょーは、果たして実生活の役に立つライフハック的なコンテンツだけを提供し続けてるんでしょうか?笑えたり、息抜きできたりと、エンターテイメントの要素が非常に強いはずです。ブログもその考え方が多少は必要です。

「このブログひとつで色々なことが調べられる辞書のようなサイトを作りたい!」と思ったとしても、ウィキペディアや本物の辞書には敵いません。

じゃあどうやってそれらとの差別化を図るのかというと、「自分」という商品を売り出すしかありません。勿論「自分なりの視点で書いた記事」という意味も含まれます。

「他にも詳しく解説してるブログはあるけど、この人の記事の方が面白い」と思ってもらえるようにならないと、あなたはいつまでも他者との知識比べから抜け出すことはできません。詳しい(役に立つ)情報がなくても、その人が書いた記事だから読んでいるという人が増えれば、これほど強いものはありません。例えブログで扱うコンテンツをガラッと変えても、そういう人達は引き続き読んでくれます。

 

まとめ

umbrella-1588167_1920

色々と書きましたが、結論としては「基本を踏まえた上でのオリジナリティ」が1番大事だと僕は思います。ただ個性を出してるだけ、ものすごい詳細に書いてるだけでは足りません。どちらも必要です。むしろ知識は誰でもつけられます。

よくブログはSEO対策が重要だという意見がありますが、僕は正直SEO(検索結果の上位に表示させること)は後回しでいいと思ってます。

実店舗で考えたら分かりやすいんですが、たいして美味しくもないケーキばかりを作ってるケーキ屋が駅前の一等地に店を構えても、いずれは飽きられてしまいます。「車で30分かけてでもここのケーキが食べたい!」と思わせるような商品(ブログ記事)を作ることが何よりも大切なんじゃないでしょうか?そんな美味しい店が駅前に出店したら、あとは言わずもがなです。

あなたにしかない個性をどんどん出していきましょう!

と、偉そうに色々と言ってみましたが、僕もまだまだ模索中です。確実な正解のない世界ですからね。

これだからブログってのは面白い。
好日山荘《公式通販》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です