28歳無職お先真っ暗な僕が旅に出る理由

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

ここ数年で一気に登山ブームが来ているようです。「山ガール」だの「山姥」だのと、山に関する言葉もごく一般的に使われているように感じます。

 

「You登っちゃいなよ」

僕もそのうちの一人です。元々ロードバイクを2年ほどやっていて、たまたま自転車仲間から
「You登っちゃいなよ」と、トレイルランニングを勧められました。

(あ~、あの山を走るやつな)程度の知識しかなく、とりあえず始めてみることに。しかし僕の浅い知識が災いして、トレラン=麓から山頂に走るものだと思い込んで、実際に六甲山を走って登りました。

「トレランというものは、なんてしんどいスポーツなんだ!たまんねーなおい!」と思っていたら、「それ登山やな」と一蹴され、僕のトレラン生活は一瞬で終わりました。

ただ山自体はとても魅力的に感じたので、次からは普通の登山をすることに。

 

生きるために登る

ロードバイクはスポーツです。限界に挑戦したり、みんなで楽しくファンライドしたり。

しかし登山はスポーツとはかけ離れたものだと感じています。僕にとっての登山とはまさに人生そのものです。人生と同じで、山はただそこに在るだけ。それに向き合うかどうかは自分次第。僕は山と徹底的に向き合うことを選びました。

でも僕が登っているのは六甲山ばかりで、他の山に登ることは殆どありませんでした。仕事の都合や家族の事情など、言い訳はいくらでもできます。しかし、僕は自分の人生と本気で向き合いたいと思いました(まぁ他にも理由は色々ありますが)。

日本全国の山に登ればきっと何かが見えてくると信じて。

今の生活を全て捨てて旅をすることは、とても勇気のいることでした。なんせ旅の知識もスキルもない!登山経験も浅い!収入どうすんの!?うわ…私の年収、低すぎ!?

まあこんな感じでした。でも臆していては何も始まらないので、とりあえず日本全国登山の旅に出ることにしました。ときには考える前に走ることも必要でしょうきっと。

 

つらつらと書きましたが、これが僕が旅に出る理由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です