【選択肢が】登山用ザックはどれがおすすめなのか【多すぎる】

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

登山道具三種の神器と言われているものがあります。

  • ザック(バックパック)
  • 登山靴
  • レインウェア

です。

今回はザックについての話です。

ザックは、数ある登山道具の中でもダントツで選択肢の多い道具だと思います。登山靴は足に合った形状の中から選ぶことになるし、レインウェアは殆どがゴアテックスで、選ぶのはサイズとデザインくらい。

しかしザックは使用者の体型に合わせることができるので、靴やレインウェアに比べて選択肢が広くなります。
そして様々なメーカーから多種多様なザックが出てるので、何が良いのか悩むでしょう。

 

容量+ウエストベルト

僕がザックを選ぶ主な基準は
「容量」「ウエストベルト」です。

まず容量ですが、日帰り登山なら30L以下の物で、テント泊をするなら50L程度。これを最初の基準としてザックを選びます。

しかしこの条件ではそんなに絞れません。

次の基準はウエストベルトです。登山用ザックが他のバックパックと大きく違うのがウエストベルトなんですが、登山道具や食料などをパッキングすると結構な重量になります。その重量を上手く分散させる為に、ウエストベルトが非常に重要になります。

「ザックは腰で背負う」と言われる程で、ウエストベルトがしっかりしていないザックは肩ばかりに負担がかかり、長時間背負えません。なので、容量である程度ザックの種類を絞り、あとは片っ端から背負ってウエストベルトのフィット感や荷重の具合を見ます。フィッティングする時は、店員さんに頼んで重い荷物を入れさせて貰えたら、より本番に近い背負い心地になります。

ここまでで、選択肢をかなり絞れる筈です。

あとはザック自体の重量、縫製がしっかりしているか、1気室か2気室かなどを細かく見て、自分の使い方に合った物を選べは良いと思います。まぁ容量とウエストベルトで選択肢を間違えなければ、後は何を選んでも大抵は使えます。

因みに僕が買ったザックは、

image

出典:ミレー(http://www.millet.jp)

ミレー/サースフェー30
これが日帰り登山用

 

image

出典:アークテリクス(http://www.arcteryx.com)

アークテリクス/アクシオス35
これは最近貰ったザックで、軽くて使い勝手も良いので、旅にはこのザックを持っていく予定です。残念ながら廃版です。

 

安くて使えるミリタリー系ザック

しかし登山用ザックはどれもそこそこいい値段です。もっと安くて使えるザックはないのかという人には、ミリタリー系のザックが良いかもしれません。Phoenix Ikkiという名前のアルパインパックが使いやすそうです。

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp

値段の割にウエストベルトもしっかりしていて、ザックの形状は登山用のものとは少し違うものの、これはこれで使いやすそうな感じです。そして誰とも被らないと思います。

まぁ、どれが良いのか色々悩むのも登山の楽しみのひとつだと考えれば、選択肢が多いのは良いことかもしれませんね〜。

 

2016.02.01 追記

現在主力で使っているザックは

それぞれ全く特徴の違うザックですが、登る山や日程で使い分けています。

参考になれば幸いです。

 

2016.08.02 追記

山でも街でも使える、防犯意識の高いバックパックの紹介記事を書きました。ハイカーだけでなく、ローディーやバックパッカーにもオススメできるバックパックになっています。是非チェックしてみて下さい。

参考記事
これひとつで山にも街にも旅にも!超便利で安全なバックパック

日本最大級の品揃え 登山用品専門店の好日山荘《公式通販》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です