なぜ三百名山に登るのかと聞かれたので

僕は普段から自分語りや自己啓発的な話はしないようにしてるんですが、ここでひとつやってみようと思います。

キモいと思った方は、ページ一番下の「キモいね!」を押して下さい。

image

何故山に登るのかと、色々な人から聞かれます。
まぁ普通は仕事せずに日本中の山登るなんて、どこかイカれてると思われても仕方ないでしょう。
実際否定できません。

僕が山に登る理由は大きく分けて2つです。

・人生計画の第一歩
・人生観の再構築
です。

人生計画の第一歩

僕には15年後に達成したい目標があります。
目標の内容はご想像にお任せしますが、目標を達成するために3つのステップに分けて行動計画を立てています。
その最初のステップが、三百名山に登ることです。
僕の計画は、山を知らないことには始まりません。

人生観の再構築

僕は今まで、何ひとつ自分の力で得たものが無いように感じていました。
仕事や友人や生活など、どれも決してひとりでは持てなかったものばかりです。
勿論それが悪いとは思わないし、至って普通のことかもしれません。

しかし全てを捨てた(気でいる)今、何でもいいから他人には出来ない事を自分の力で成し遂げたかったんです。

それともうひとつ。

今言ったこととは逆の話になりますが、もう一度人との繋がりを確かめたいからです。

ずっと都会で生活していると、人は居て当たり前、むしろ居すぎな程に感じます。
そこでは些細な出会いに感謝する気持ちがどうしても薄れてしまい、他人に対して怒りや恨みなど、負の感情を抱くことも少なくないと思います。

僕は孤独が好きです。
それは独りで生きていたい訳じゃなく、孤独は人を優しくするからです。

山は孤独です。
不思議なことに、山で出会う人はみんな優しいです。それは出会いの大切さを理解しているからでしょう。

だから新たなスタートを切ろうとしている今、色んな人との出会いを大切にしたいと思い、その気持ちを固める為にも、山に登ろうと思います。

そして何よりも重要なことを最後に。

「キモいね!」ボタンはありません。
もし大量に押されてたら立ち直れないので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です