【終わりなき論争】登山はスポーツか否か

「登山はスポーツか否か」

という話題をたまに見かけます。
そうだと言う意見もあれば、違うと言う人達もいます。

どちらかの主張が間違いだという訳ではありませんが、どちらの主張も相応の根拠があってのことだと思います。

なので今回は、登山はスポーツなのかどうかを考えてみたいと思います。

image

スポーツの定義

スポーツ(英: sport)は、人間が考案した施設や技術、ルールに則って営まれる、遊戯・競争・肉体鍛錬の要素を含む身体や頭脳を使った行為。日本においては身体を使ったものが主体の「フィジカルスポーツ」だけをスポーツとみなす考えが強いが、思考力や計算力といった頭脳を主体の「マインドスポーツ」も本来はスポーツに含まれている。競技として勝敗や記録を主の目的として行う場合はチャンピオンスポーツ、遊戯的な要素を持つ場合(楽しむ事や体を動かす事を主の目的として行う場合)はレクリエーションスポーツと呼ぶこともある。
(wikipedia “スポーツ”引用)

この説明を見ると、時間や装備などに厳密なルールの無い登山はレクリエーションスポーツと言えなくもないです。

ボルダリングやクライミングはキチンとしたルールに則って行われるので、チャンピオンスポーツであると言えます。

しかし全てのボルダラーが勝敗やタイムを競っている訳ではないので、チャンピオンスポーツかレクリエーションスポーツかをハッキリと分けるのは難しそうです。

野球やサッカーなどは、いくら趣味程度と言っても必ず勝敗があるので、チャンピオンスポーツで間違いないと思います。

この定義を僕なりに解釈すると、相手と競うことを主としたものは、一般的に認識されている”スポーツ”にあたると思います。

連盟の有無

ここで言う連盟とは、競技者の登録や大会の運営管理をする団体のことです。

球技や陸上などは必ず連盟があり、定期的に競技大会を開きます。
優勝者は更に大きな大会への出場権を獲得し、最終的には日本一・世界一を決めます。

対して登山はそういった感覚の連盟は無いのではないでしょうか?
勿論縦走大会などは定期的に行われていますが、ここで言う連盟のような厳密なルールの下に行われているものではないように思います。
重量制限もドーピングの検査もありません。

連盟があるということは、厳格なルールの下で行われるスポーツだという認識になります。僕はですけど。

意識の違い

これはだいぶフンワリとした話になりますが、大事なのはそれを嗜んでいる人達の意識ではないでしょうか?

野球が趣味の人は、野球がスポーツではないと思う人はいない筈です。
他の球技や競技でもそうです。

しかし登山が趣味の人には、登山をスポーツと捉える人もいれば、そうでない人もいます。
僕の感覚では、後者の方が多い気がします。

格闘技でも似たような傾向があります。
僕は以前極真空手を習っていましたが、空手はルールに則ったスポーツだと考える人もいれば、心身を錬磨し確固不抜の心技を極めること(極真空手の道場訓です)を主とするものであって、スポーツではないと考える人もいます。

やはり格闘技界でも、登山と同じようにスポーツか否かの議論は展開されています。

結論

こう言っては元も子もありませんが、登山がスポーツかどうかは、その人の判断で良いと思います。
その人が登山をスポーツと思っても思わなくても、結局やる事は変わりません。

一部のトップクライマーにとってはスポーツかもしれませんし、僕のような人間にはただの趣味かもしれません。

少なくとも僕は登山をスポーツだとは認識していません。

この議論は、きのこたけのこ論争に良く似ています。

明治 たけのこの里 70g×10個

posted with カエレバ

明治    

Amazon

楽天市場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です