【歴史的偉業】世界屈指の難峰「天保山」の無酸素登頂を達成しました

The following two tabs change content below.
カナモ
アウトドア大好きな自称「世捨てびと」。 山と自然とコーヒーと猫をこよなく愛する、The アウトドア人間。 必殺技は無人島サバイバル。 低血糖&少食で、しょっちゅう貧血を起こす。 詳しいプロフィールはこちら!

どうも!自称「世捨て人」のカナモです!

今回は大阪が世界に誇る魔の山「天保山(てんぽうざん)」に、無酸素で登頂という歴史的偉業を達成したんで、その軌跡をみなさんに紹介したいと思います。

素人が真似して登れるような山ではないんですが、一応「真似しないでください」とだけ伝えておきます。

 

天保山とは

標高4.53mの築山。国土地理院発行の地形図に山名と共に掲載されており、山頂には二等三角点がある[1]。大阪市ホームページ内[2]では日本一低い山と記載があり、天保山山岳会でも日本一低い山[3][4]としている。しかし、2014年4月9日の国土地理院の調査で、日和山(宮城県仙台市)が標高3mの山に認定されたことにより、日本で2番目に低い山となった。

引用元:天保山 – Wikipedia

 

曰く「魔の山」

曰く「世界屈指の難峰」

曰く「あんなん山ちゃうわ、丘やん」

 

天保山に軽い気持ちで登り、帰宅するまで帰らぬ人となったケースが後を絶たないほどで、決して軽い気持ちで登っていい山ではありません。

なんせ天保山に行った人の9割以上が100年以内に死んでますからね。恐ろしい。

 

今回はこの山を、無酸素で登頂したいと思います。

これが最後の登山にならないよう、気を引き締めて挑みたいと思います。

 

新進気鋭の下山家。日々8,000m峰に登る妄想でトレーニングし、遂に今回の天保山アタックに踏み出す。

 

モテたい一心で山に登る、世界一不純な動機の登山家。六甲山・摩耶山・大和葛城山の単独無酸素登頂など数々の偉業を残す。

 

今回は単独での登山は危険過ぎると判断したため、2人で登りたいと思います。

 

登山ルート

今回はこのルートを選択しました。

数々の難所を超えなければならない、非常に危険なルートです。

 

こうたろ
もしも命が危なくなったら、その時は迷わずロープを切ってくれ!

 

カナモ
こうたろさん…わかりました!

 

登山開始

まずは1合目のベースキャンプ(標高1m)を出発。

森林限界よりも標高が高く、あたりに植物はありません。

天気は晴れ、気温は23℃、風は1m/s。

最高のコンディションです。

カナモ
今回は無謀にも「無酸素」でいこうと思います。

 

こうたろ
おそらく天保山を無酸素で登るのは僕達が最初になるでしょう。

 

こうたろ
あいつら・・・いくらなんでも山を舐めすぎや!ここをどこだと思ってやがる!!

 

カナモ
まるで街を歩くかのような軽装・・・信じられへん。

 

こうたろ
とにかく今は他人より自分のことや。

 

カナモ
あれは…外国の登山隊!!

 

こうたろ
恐らくインドやな。奴らに先を越される前に急ごう!

 

出発して間もなく、滑り台が出現しました。

ここから先、文明の痕跡は一切ありません。

生きて帰ることを誓い、最後の滑り台を楽しみました。

 

高山病の恐怖

まずはこの標高に体を慣らしていきます。

いわゆる高度順応です。

これをしないと脳浮腫や失明に繋がります。

これで大丈夫だと思います。

 

高度順応に失敗しました。

ベースキャンプで高度順応したつもりですが、この標高に身体が追いつかず、高度障害(高山病)に陥りました。

 

吐き気が止まらないし頭が割れるように痛い。

呼吸もしづらく胸が苦しい。

仕方なく、高度順応のやり直しを兼ねてビバークすることに。

 

こうたろ
予想外のビバークで食糧はこのチョコだけ…。ひとかけら食べればこれで1日は持つ…

 

こうたろ
なにコンビニ弁当食うとんねん!!世界観台無しにすな!!

 

こうたろ
シュークリームとモンスターエナジーまで用意して栄養満タンやないか!!チョコひとかけらで凌いだ俺のストイックさを返せ!!

 

秘策

こうたろ
あかん・・・精神的にもう限界や・・・

 

カナモ
安心してください。こんな事もあろうかと秘策を用意してきました。

 

こうたろ
こ、これは夜のお供やないか!!俄然元気出てきたー!!

 

カナモ
早速袋とじ開けましょう!

 

こうたろ
あっ・・・!

 

カナモ
や…やぶ…破ったなああああああ!!

 

カナモ
もうあかん…夢も希望もない…

 

そうも言ってられないんで、気を取り直して再度アタック。

只今標高3m。酸素が薄く、1歩踏み出すのにも苦労するような状況です。

今のところ概ね順調で、このまま行けばあと3日で登頂できる見込みです。

 

途中に登山者の遺体が

登山者の遺体です。

服を脱いでいるのは低体温症による錯乱だ

風の来ないシュルンドの中で発症したとは考えられない

自律神経を冒された彼は暑さを感じていたはずだ…

最後には自分の皮膚すら脱いでしまいたい程に

カナモ
苦しかったんだね…原君…

引用:漫画「孤高の人」より

高山にある遺体は回収できず、そのまま登山ルートの目印になっているものもあります。

 

運命を分けたザイル

いよいよ核心部分に差し掛かりました。

この難所をクライミングで越えていきます。

ほぼ垂直の壁です。

滑落すれば命は無いでしょう。

次はこうたろさんをロープで引き上げます。

 

こうたろ
慎重に…慎重に…あっ!!(足を踏み外す音

 

こうたろさんが足を踏み外し、僕らをつなぐロープだけが命綱になってしまいました。

 

こうたろ
いやー!!切らないで!切らないでぇ〜!!

 

カナモ
・・・・・・

 

カナモ
ほなまた。

 

こうたろ
もっと粘れやーーーー!!

 

・・・・・・

大変な事になりました。

こうたろさんが滑落しました。

 

僕は限界まで頑張ったんですが、このまま保持することができず、やむをえずロープを切りました。

こうなったらこうたろさんの分まで頑張るしかない。

 

滑落したこうたろさんの心配もほどほどに、僕は山頂に向かって歩き始めました。

 

 

遂に登頂

そしてなんやかんやで、ついに登頂を果たしました!

ここが天保山の頂上です。

まずはここで、今は亡きこうたろさんの魂を弔うことにします。

 

こうたろ
この裏切り者ーー!!

 

こうたろ
ロープ切る前にもっと色々やり取りがあるやろ!いきなり切るとかサイコパスか!!

 

カナモ
あ、こうたろさん。生きてたんすね。良かったですね。

 

途中些細なトラブルはあったものの、なんとか2人とも登頂を果たしました。

 

まとめ

「天保山登頂」を僕達は成し遂げました。

植村直己冒険館に写真を飾られてもおかしくないほどの偉業です。

 

こうたろ
残念やけどゆっくりしてる暇はない。ここは標高4.53mのデスゾーンや。早く下山しないと命に関わるぞ。

 

カナモ
そうですね、急いで下山しましょう。

 

一瞬で下山できました。

 

〜おしまい〜

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です