【筋肉×焼肉】ヤキンニク3rd stage開幕!!

The following two tabs change content below.
カナモ
アウトドア大好きな自称「世捨てびと」。 山と自然とコーヒーと猫をこよなく愛する、The アウトドア人間。 必殺技は無人島サバイバル。 低血糖&少食で、しょっちゅう貧血を起こす。 詳しいプロフィールはこちら!

どうも!自称「世捨て人」のカナモです!

今ですか?

見ての通り外で筋トレしてます。

 

なぜこんなところで筋トレしてるのかって?

そりゃイベントがあるからです。

 

僕が発起人のイベントなんですが、なんやかんや3回目の開催になりました。

筋トレはそのイベントに深い関わりがあるんですよ。

 

因みに今挙げてるのは、片方17.5kgのダンベルです。

ダンベルプレス10回×3セットをこなしてる最中です。

 

はいそんなわけで、今回は「筋肉×焼肉」という、日本一肉々しいイベント「ヤキンニク」のレポートです。

 

ヤキンニクとは

ヤキンニクの由来はご察しの通り、焼肉と筋肉を掛け合わせた造語です。

コンセプトは至ってシンプル

良い肉食って良い肉つける

というものです。

 

ヤキンニクには厳格なルールがいくつか存在します。

  • 参加資格は「筋肉が好き」なこと
  • 安い肉は使わない
  • 野菜はなし
  • 筋肉パートと焼肉パートを作る

でもこれらの厳格なルールは、僕の気分状況次第で緩和されることも珍しくありません。

そういう感じの厳格なルールです。

 

肉にはこだわる

ヤキンニクでは、安い肉は絶対に出しません。

「BBQで使う肉なんて大したことないやろ」というあなたの固定概念を、筋繊維と一緒にぶっ潰して差し上げましょう。

キーワードは「プレミアム塊肉」と「A5ランク佐賀牛」です。

 

提供 北新地うしのかみ

普通のルートでは手に入らないレベルの上質なA5ランク佐賀牛を提供できる秘訣は、スポンサーにあります。

大阪の北新地に店をかまえる「うしのかみ」様から、抜群に上質な佐賀牛を提供頂いてます。

北新地 うしのかみ(北新地/焼肉)

 

もはやBBQイベントで出てくる肉じゃないです。

参加費以上のリターンをお約束しましょう。

 

プレミアム塊肉

和牛だけじゃなく、海外の肉も積極的に取り入れています。

ヤキンニクで使うのは、アメリカでは最高等級「プレミアム」の赤身塊肉です。

日本とアメリカの頂点が、ヤキンニクに集うわけです。

まさに牛肉の頂上決戦です。

 

しかも調理を担当するのは1年で100kgの塊肉を焼く(と噂の)男、長嶺圭一郎さんです。

彼も主催者の1人で、僕が無理やり巻き込みました。

自然体で営む攻めの技術ー長嶺さんのブログ

プロモーターやマーケッターが本業ですが、「肉を焼く人」としての知名度のほうが遥かに上という凄い人です。

 

3rd stage 服部緑地公園

3rd stageの会場は、大阪府豊中市にある服部緑地公園にしました。

高速道路からのアクセスも悪くないし、地下鉄の緑地公園駅から徒歩5分という好立地です。

夏にはBBQの団体でいっぱいになります。

 

こちらが会場です。

今回からノボリを用意することにしました。

ヤキンニクTシャツやヤキンニクステッカーなど、オリジナルグッズも開発しています。

 

筋肉パート

ヤキンニクが他のBBQイベントと違うのは、肉を食べる前に筋肉を鍛えるという点です。

合言葉は「鍛えざるもの食うべからず」です。

 

今回は「丸太ぶった切りレース」を実施しました。

安全性を考慮して、普通ののこぎりじゃなくてワイヤーソーにしています。

切り落とすまでのタイムを測り、優勝者には商品を渡します。

 

見た目の20倍キツいですよ

苦痛に歪むみんなの顔がたまらん

タイムにはかなり差が出ました。

優勝者は1分40秒ほどで、中には7分を超える人も。

これは筋肉の絶対量だけじゃなく、効率よく筋肉を動かすためのコツが必要です。

あと根性。

 

因みに僕は1分8秒でした。

主催者としてここは負けられないんで、とりあえずホッとしました。

 

 

優勝者には、商品のプロテイン(1kg チョコレート味)を贈呈します。

これで更なる高みを目指して筋トレして欲しいですね。

 

焼肉パート

そしてお待ちかねの焼肉パートです。

 

まずは4ポンド(約1.8kg)塊肉を、炭火で1時間弱かけてじっくりとローストします。

味付けはハーブとステーキスパイス。

シンプルですが肉の旨味を引き出す最高の味付けです。

 

次は牛タンをレモンでいただきます。

ヤキンニクでは、基本的にすべての肉が塊で出てきます。

インスタ映えも抜群です。

 

肉を食べている途中でも、筋トレは続きます。

今回は筋肉写真家と筋肉モデルの方が参加してるんで、筋肉パートの質はめちゃくちゃ高かったです。

 

当然僕も鍛えまくりました。

いい写真撮ってもらって、筋トレ効果も少しアップした気がします。

 

そしていよいよ佐賀牛のターン。

まずはソトヒラ(外もも)を豪快に焼きました。

最も牛肉らしい味わいと言われている部位で、柔らかく肉と脂身のバランスが絶妙です。

 

今回の目玉は

  • A5ランク肩ロース
  • A5ランクヘレ

だったんですが、残念なことに誰も写真を撮ってなかったんですよね。

みんなもう食べるのに夢中すぎて。

 

写真でお見せできないのが悔やまれますが、気になる人は次回のヤキンニクに是非ご参加ください。

僕達はさらなる高みを目指します。

 

まとめ

日本一尖ったBBQイベント「ヤキンニク」

次回は東京で開催するつもりです。

 

さて、次はどの部位を用意しようかな。

ランプとかミスジも良いですね。

 

なんにせよ、進化し続ける「ヤキンニク」を、あなたはもう無視できなくなりますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です