こだわり抜いたサバイバル生活の装備を大公開!!

The following two tabs change content below.
カナモ
アウトドア大好きな自称「世捨てびと」。 山と自然とコーヒーと猫をこよなく愛する、The アウトドア人間。 必殺技は無人島サバイバル。 低血糖&少食で、しょっちゅう貧血を起こす。 詳しいプロフィールはこちら!

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

2017年は僕にとって新たな挑戦の始まりの年になります。

年の瀬にこれまでの人生を色々振り返っていると、なんかどよ〜んとした気分になってしまいますが、心機一転頑張るには通らなければならない道ですね。

そんな話はさておき、今回は「サバイバル生活」の装備を公開したいと思います!

 

装備は極力最小限にしたいところですが、なんせ期間を2ヶ月に設定してるのでそう簡単にはいきません。

なのでほとんど普通のキャンプに近い装備になってしまいますが、これでも削った方なんです。

というわけで、早速いってみましょう。

 

サバイバル生活の装備一覧

とりあえず箇条書きでズラッと並べてみます。

 

テント系

img_0581
  • テント
  • タープ
  • シュラフ
  • シュラフマット
  • ロープ

サバイバル生活と銘打ってますが、どちらかというとブッシュクラフト的な要素の方が大きいです。

「ブッシュ(藪)クラフト(工作)」とはその名の通り、自然の中で工作して楽しむことを指す言葉なんですが、サバイバルは生還を目的とした行為なので、似てるようで少し違います。

 

【LBS20】軽量・コンパクトな2人用山岳テントはこれがオススメ!

2015.05.30

【エア130x】超軽量・超コンパクトな夏用シュラフの決定版

2016.03.13

 

道具系

img_0557
  • 竹割鉈
  • モーラナイフ(Bushcraft Survival Black)
  • マルチツール(LEATHERMAN skeletool)
  • ノコギリ
  • 地図
  • コンパス
  • 浄水器(SAWYER mini)
  • ソフトボトル
  • ヘッドライト
  • クッカー(UNIFLAME 山クッカー角型)
  • ネイチャーストーブ
  • グローブ
  • マグカップ
  • ロープ
  • 自作小物入れ

なんやかんやこの道具たちが1番重要です。

刃物がないと大抵の工作はできないし、浄水器がないと腹下して大変なことになりかねません。

コンパスと地図がないと、道に迷ったら地獄に直行です。

 

追記

鉈、ノコギリはリストから除外しました。

ナイフで全部事足りてしまうんで、持ってても仕方ないなと。

 

ウッドストーブはVARGO(バーゴ)の「ヘキサゴンウッドストーブ」のチタンモデルに買い替えました。

軽いし錆びないしコンパクトに収納できるし、こっちのんがダントツで良いです。

 

【120g!!】ソロキャンプならVARGOのヘキサゴンウッドストーブが最強【チタン】

2017.04.04

 

衣類系

img_0563
  • Tシャツ
  • ズボン
  • ハーフパンツ
  • 雨具
  • 下着
  • アウトドアシューズ
  • サンダル
  • ソックス
  • タオル

これで2ヶ月過ごすのは、普通の人はどう思うかわかりませんが、僕からしたら十分すぎるくらいです。

なんならパンツ履かなくてもいいです。

 

超簡単!!100均アイテムだけで作るオリジナルTシャツ

2016.12.27

 

嗜好品

img_0561
  • 酒(グラッパ)
  • タバコ(手巻きタバコ)

2〜3日のサバイバルなら必要ないんですが、2ヶ月という長い期間では、こういった嗜好品がかなり重要になってきます。

途中で気が滅入ることもあると思いますが、嗜好品の力で乗り切りたいと思います。

 

追記

完全に禁煙しました。

みんな禁煙できないって言うけど、僕は「タバコやめよかな…」程度の覚悟で簡単にやめられました。

その代わり今は豆乳とプロテインにハマってます。

 

その他

img_0559
  • アクションカメラ
  • パソコン
  • ソーラーチャージャー
  • モバイルバッテリー
  • SDカード

YouTubeで動画を配信&ブログ更新のためには欠かせないアイテムです。

これがないと行く意味がなくなります。

 

【22,000mAh】このモバイルバッテリー、iPhoneを12回も充電できるってよ

2016.12.09

 

食品系は到着してから揃える予定です。

と言っても少量の米と、死にそうになった時用の非常食のみですが。

 

次は、全ての装備の中でも特にここはこだわってますという点を紹介したいと思います。

 

こだわりその1 ナイフ

MORA KNIV−Bushcraft Survival Black

サバイバルやブッシュクラフトはナイフがないと始まりません。

今回はこっち系のナイフではもはや定番となっている「モーラナイフ(MORA KNIV)」をチョイスしました。

よく切れて耐久性も高く、何より安いので遠慮せずにガシガシ使えます。

アウトドアに高価すぎるアイテムは向いてないと思っています。

 

オールインワンな超おすすめアウトドアナイフ【MORA KNIV Bushcraft Survival Black】

2016.12.21

 

こだわりその2 アクションカメラ

GoPro-session

今回のサバイバル生活はYouTubeで配信する予定です。

そこで必要になってくるのが「アクションカメラ」なんですが、散々悩み倒して「GoPro HERO session」に決めました。

超コンパクトでハウジング無しでも防水性能があり、僕の使い方にはピッタリのものです。

これで僕の見てる世界をみなさんと共有できたらなと思っています。

 

これは間違いなくアクションカメラの革命!GoPro HERO sessionが小さすぎる件

2016.12.02

 

そこそこ重い

img_0606

全ての装備を75Lのザックにパッキングしました。

小学校低学年の子供くらいの重さはありそうです。重い。

 

でもこの重さが懐かしいです。

前回のサバイバル生活の荷物に近い重量です。

このズッシリくるザックを背負う度に、あの時の情景が鮮やかに蘇ります。

 

さいごに

これだけ揃えれば、世界中のどこでも生きていけるような気になってきます。てか多分いけます。

「全てを捨ててサバイバル生活するなんてアホちゃうか」と思われるかもしれません。逆に聞きましょう。

ここまでガチでアホな事に取り組めますか?

僕ならできること、僕だからこそできることは、まさにこういう生き方なんだと思っています。

 

とにかくあれです。超頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です