【モーラナイフ】安くて使えるブッシュクラフトのド定番ナイフ

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

キャンプ・ブッシュクラフトをするにあたり、ナイフ選びは非常に重要なポイントです。フェザースティックを作ったり、料理に使用したり、小物作りに活用したりと、その用途は多岐に渡ります。

ナイフ1本でサバイバルとまでは言いませんが、携行する装備が少ないブッシュクラフトでは1番重要なアイテムと言っていいと思います。

しかしその重要性故に、どれを使えば良いのかを慎重に見極める必要があります。

今回はブッシュクラフトナイフの中でも1番ポピュラーなナイフの紹介です。

 

Mora knife Companion Heavy Duty

まずブッシュクラフトに使うナイフの必須条件として、以下の3つが挙げられます。

  • 耐久性
  • 研ぎやすさ
  • 用途の幅

耐久性に関して言えば、フォールディング(折り畳み)ナイフは不向きと言えます。研ぎやすさを考慮すると、蛤刃や硬すぎる(柔らかすぎる)鋼材は研ぎ辛かったり刃がつきにくかったりします。

ブッシュクラフトはナイフ1本に様々な用途が要求されるため、刃厚の薄いナイフは手荒に使う事が出来ませんし、変わった形状の物は用途が限られます。

そしてその条件を全て満たしているのが、モーラナイフの「コンパニオンヘビーデューティー」です。

このナイフはフィックスブレードで構造が単純なため、滅多な事では壊れません。鋼材は世界的に評価の高いスウェーデンの鋼を使用しているので、髭が剃れる程の非常に鋭利な刃がつきます。そして刃厚が3.2mmと分厚く、手荒に使用しても折れたりする心配が殆どないため、ブッシュクラフトやキャンプでは定番中の定番ナイフです。

image

見た目はごく普通のナイフです。ラバーハンドルで握りやすく、滑って手を切る心配は無さそうです。

シース(鞘)はプラスチック製で、落下や水濡れに強いだろうな、という印象です。カラーは何色かありますが、自然の中で目立ちやすいオレンジ色にしました。この色なら作業後何気なくその辺に置いて、後で探し回る必要は無さそうです。

image image

実際に手に取ってみました。
ブレードがこれ以上長くても短くても使いにくい、という絶妙な刃長です。

image

3.2mmの刃厚は中々迫力があります。
この刃厚なら遠慮なくガシガシ使えそうです。

 

何よりも価格

そしてこのナイフが他のナイフを圧倒している点は、とにかく安いということです。

いくら使いやすくて丈夫なナイフでも価格が3万円も4万円もすると、手荒に使うのは抵抗が出てくるし、もし壊れても買い直す気になれません。しかしCompanion Heavy Dutyは3,000円でお釣りが来る程安いです。これだけ安くて使えるナイフは他に無いと言い切れます。

最後に、キャンプやブッシュクラフトで使うナイフの選び方は「好きなメーカーだから…」と言うような探し方よりも、「440Cステンレス鋼だと刃がつきにくそう」「このセレーション(ギザギザの部分)は要らない」「刃厚が薄いから切れ味は鋭くても耐久性が低そう」と言うようなネガティブな探し方をおすすめします。

命がかかっている装備なので、少しでも不安な点があれば、そのナイフは買うべきではないです。

またモーラナイフを実際に使用してレビューを追記したいと思います。

 

2016/05/26追記

image

山で細いワイヤーを切ろうとして刃が少しだけ欠けたので、研ぎ直すことにしました。

刃が左右対称に付いてるので、研ぎやすさは抜群です。

産毛が剃れる程の切れ味復活です。
やはりこのナイフを選んで良かったと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です