【独りじゃないから独りでいられる】たどり着いたひとつの答え

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

今は石垣島のゲストハウス「福民宿(ふくみんしゅく)」に滞在中なんですが、ここは面白い(&変な)人ばかりです。嫌な感じな人はいないんですが、それぞれ色んな経験を経てここに集っているわけです。

世界中を旅したバックパッカー夫婦、自国から住民票を移してきた陽気なカナディアン、関西から体質改善のために来た人、岡山出身のめちゃくちゃマッチョでクールな人、東京の喧騒を離れて何年もここで暮らしてる人などなど。そして今は登山とサバイバルが大好きなイカレポンチ(僕)もいるわけです。

これだけ個性豊かな人々が集まると、価値観や考え方も勿論違うんで、毎日いろんな発見があります。

 

孤独について

僕は自他共に認める「超寂しがりや」です。

なのに独りでサバイバルとかやってますからね。正気の沙汰じゃないですよ。でもなんでそんな僕がサバイバルやってるのか、自分自身でもわかってないところが多かったです。勿論それが好きだからというのは当然ですが。

サバイバルは常に孤独との闘いです。
喋る相手がいない、人影すらも見えないというのは、部屋に引きこもって喋らないのとは全く違うタイプの孤独です。引きこもってるだけなら、部屋から出れば人は沢山いますからね。

僕の感じた「孤独」は、もはや「恐怖」と言い換えてもいいかもしれません。
真の孤独・恐怖というものが何なのか、少しだけわかった気がします。

 

ふとした会話で得た答え

TWIY0147

 

ゲストハウスで夜にワイワイと喋っていた時、話題は僕のサバイバル生活になりました。サバイバル生活で必ずといっていいほど聞かれるのが「何食べてんの?」「寂しくないん?」です。前者に関しては明確な答えを持ってるんで回答には困りませんが、後者に関しては答えられないことが多かったんです。

kanamo
そりゃ寂しいですよ!でもなんでサバイバルやってんねやろ?

という感じで、いつも自問自答に陥ってしまいます。しかしここである人が言った一言で、僕はひとつの答えを得ることができました。

 

独りじゃないから独りでいられる

NZNA0218
kanamo
ん〜、なんでやろ?謎ですね。楽しいのは確かなんですけど。

Aさん
独りじゃないから独りでいられるんかな。

それを聞いた時、僕の中で色んなことが繋がりました。

僕には支えてくれる家族や友人がいます。それは僕の人生において最も大切でかけがけのない財産です。大切な人達への気持ちを強く持ちつづけるにはどうしたら良いか、それは孤独を知ることです。僕の場合ね。

またイカレポンチの集いしたいな

東京のメガネ野郎は元気かな

母親はワケわからん方向で心配してるんやろな

義兄は大変な時期やけど身体壊してないかな

無職仲間のあいつは勉強がんばってるんかな

香川のヤツのとこにも遊びに行きたいな

サバイバル生活の間、そんなことばっか考えてました。僕はアホなんで、こういう状況でないと心から感謝することができません。サバイバル生活では、ただただ愛の大切さと向き合っています。

つまり僕は独りじゃなかったんです。僕の帰りを待ってくれている人達がいるからこそ、僕は独りでいられるんだなと、Aさんの一言で気づくことができました。

 

さいごに

僕は極度の寂しがり屋です。それは認めます。でも寂しがり屋だからこそ、絆の大切さとか、人を愛することの尊さを知っています。

やべぇ今回は笑いどころが無ぇ。僕の笑いのポリシーに反する記事ですが、大切なことに気づけたんで、みなさんにシェアしたいと思います。

 

あと福民宿が舞台のweb漫画「ラッキーハウスで会いましょう」に、またまた出演してしまいました。

LINK:ラッキーハウスで会いましょう
是非チェックして下さい!

日本最大級の品揃え 登山用品専門店の好日山荘《公式通販》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です