abrasus(アブラサス)の小さい財布が高いから自分で作ってみた

The following two tabs change content below.
カナモ
アウトドア大好きな自称「世捨てびと」。 山と自然とコーヒーと猫をこよなく愛する、The アウトドア人間。 座右の銘は「トライアル&エラー」「マジハマリコスメランキング」 詳しいプロフィールはこちら!

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

僕はコンパクトなアイテムに心惹かれるタイプなんですが、当然ながら財布もコンパクトなものを使っています。

今はクワトロガッツの「小さいふ」というものを使ってるんですが、これを買う時、最後まで候補に残っていた財布があります。

それはabrasus(アブラサス)の「小さい財布」です。

 

両者似たような名前とサイズですが、使い勝手が良さそうなんで小さいふの方にしました。

でも、今になってアブラサスの小さい財布も欲しくてたまりません。

小さい財布 abrAsus〜世界一小さい財布を志すメンズ極小三つ折り〜 アブラサス SUPER CLASSIC

 

自分で作ったらええやん!

小さい財布は15,000円くらいで、地味に高いです。

そこで、最近始めたレザークラフトでオリジナルの「アブラサス風小さい財布」を作ることにしました。

 

それっぽく作れた

完成品がこちらです。

小さい財布にかなり近いサイズで作れたような気がします。

 

カードと比較するとこれくらいです。

測ってみたら9cm×7cmでした。

本家小さい財布は9cm×6cmで、この1cmを縮める技術が如何に凄いか、作ってみたからこそ実感しました。

 

各部詳細です。

お札は折りたたまずに入れられるようになってます。

 

コインポケットに蓋はありません。

折りたたんでボタンをとめると小銭が出てくることはないんで、本家と同じくここはシンプルに徹しました。

但し、本来ならコインポケットと札入れを繋ぐパーツが付いているんですが、作ろうとして失敗そのパーツは特許を取得しているそうなので、本家アブラサスに敬意を持って省略しました。

 

カードは3枚が余裕で入ります。詰めたら5枚入りますが、革が伸びるまでは出し入れに苦労しそうです。

多少の粗はありますが、そこはもう見ないことにします。

 

クワトロガッツの小さいふと比較

せっかくなんで、今まで使ってたクワトロガッツの「小さいふ」と比較してみたいと思います。

 

自作の財布の方がほんの少しだけ小ぶりです。

まぁそういう設計にしたんで当然ですが。今までよりも大きいと意味ないですしね。

 

厚みは圧倒的に自作のほうがスリムです。これに関しては大成功です。

その分、収納カード枚数が半分になってますが、5枚あれば充分です。

 

1,500円で作れた

アブラサスの小さい財布を買うと約15,000円ですが、この自作小さい財布は1,500円(革代)で作ることができました。激安かよ。

必要なのは想像力と根気です。

僕はレザークラフト 初心者なんで、この財布ひとつ作るのに5時間くらいかかりましたが、慣れてる人ならもっと早く作れることでしょう。

まぁレザークラフトのメリットは費用面じゃなく、世界にひとつだけのアイテムを自分で作れるというところにあるんで、この手間暇こそが楽しかったりするんですよね。

 

 

因みにこんな長財布も作ってます。

レザークラフト楽しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です