財布としても使える!超便利なスマホケースでキャッシュレス化

The following two tabs change content below.
カナモ
アウトドア大好きな自称「世捨てびと」。 山と自然とコーヒーと猫をこよなく愛する、The アウトドア人間。 必殺技は無人島サバイバル。 低血糖&少食で、しょっちゅう貧血を起こす。 詳しいプロフィールはこちら!

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

最近はミニマル志向の人が増えているように感じます。

かさばる長財布も、画面の大きすぎるスマホも、ミニマリズムの前では邪魔者でしかありません。

スマホの電子決済サービスで、現金を持ち歩かなくてもなんとかなりますしね。

 

そんなわけで今回は、もしかしたら財布が必要なくなるかもしれない、便利なスマホケースの紹介です。

 

カードも入るスマホケース

僕はiPhoneSEを愛用、いや溺愛しています。

片手で操作できる大きさ、無駄な出っ張りのないシンプルなデザインなど、最高のスマホです。

出来るだけ綺麗な状態で長く使うために、スマホケースはずっと使ってるんですが、ケースがかなり汚くなってることに気づきました。

 

元々透明だったんですが、いつのまにかブラウンになってました。

これはもう買い換えろってことやなと思い、新しいケースを探すことに。

 

PhoneFoam

ROOXという会社から「PhoneFoam(フォンフォーム)」というシリーズのスマホケースが出てるんですが、これがスグレモノなんです。

 

ご覧の通り、背面にカードが収納できるんです。

蓋つきのスマホケースでは特に珍しくもありませんが、蓋なしの背面カバーでこの機構があるのはかなり希少です。

しかもこのシンプルなデザインは、iPhoneにピッタリです。

 

ベースとなる黒いラバーと、カードホルダーを兼用している硬く白いプラスチック製カバー、2つのパーツで構成されています。

先に黒いラバーだけでiPhoneに装着し、後から白いカバーをつけるとしっかりホールドしてくれます。

白いカバーが外部からの物理的な刺激をガードし、中のラバーが衝撃を吸収してくれる感じで、ものすごい安心感がありますねこれは。

 

そしてカードもスムーズに出し入れできます。

 

エラー防止シートというものが同封されています。

交通系ICカードをスマホケースに入れてたら、iPhoneのwallet機能との兼ね合いでちゃんと読み取れないことが稀にあります。

でもこのシートを挟んでおけば、そういったエラーも回避できるでしょう。

 

使い方は2通り

僕が考える限り、このケースの有効活用法は2通りあります。

パスケースとして使うか、財布の代りにするか。

 

パスケースとして使う

交通系ICカードを入れておけば、いちいち財布や専用のパスケースを取り出して改札を通る必要はありません。

エラー防止シートもあるんで、スムーズに通れます。

バッグの中も少しはスッキリすることでしょう。

 

多分メーカーとしてはこの使い方を想定して作ってるんだと思います。

 

財布として使う

究極にミニマルな財布としても使うことができます。

もはや財布と呼べるかどうかも怪しいですが、クレジットカードが1枚あれば、ほとんどの店で支払いに困ることはありません。

エラー防止シートをカードの前側に挟んでおけば、スキミング被害の防止もできます。

 

カフェ、コンビニ、スーパーなど、最近はクレジット払いが進んで来ているように思います。

いわゆる「キャッシュレス社会」というやつですね。

そしてそれは今後どんどん加速していくはずです。

なので、カード1枚しか持たないというのが普通になってくるかもしれません。

 

スマホ決済サービスが進んでいる中国では、すべての買い物をスマホだけで完結できるそうです。

 

まとめ

分厚い長財布にレシートや会員カードをパンパンになるまで入れるというのは、もはや時代遅れと言っても過言では無いでしょう。

せっかくクレジットカードやICカードという便利なサービスが普及してるんです。有効活用しない手はないですよね。

そしてその利便性を最大限引き出すには、こんなスマホケースがピッタリなんじゃないでしょうか。

 

このキャッシュレス社会で僕たちが目指すべき到達点は「財布を捨てる」ですね。

 

因みに、「レザーでこういうのあったら良いな」と思い、ちょっと作ってみました。

こんな感じです。

プラスチック製のスマホケースに両面テープでくっつけたら、オリジナルスマホケースの完成です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です