大事なデータは超コンパクトなSSDで保管しよう!!

The following two tabs change content below.
カナモ
アウトドア大好きな自称「世捨て人」。 山と自然とコーヒーと猫をこよなく愛する、The アウトドア人間。 無人島体験、自給自足生活、オンラインサロンやってます。 低血糖&少食で、しょっちゅう貧血を起こす。 詳しいプロフィールはこちら!

どうも!自称「世捨て人」のカナモです!

スマホと同じく1人1台のレベルで普及しているパソコンですが、個人情報や重要なデータの塊です。

僕はブロガーという仕事柄、消えたら2ヶ月は立ち直れないくらい重要なデータがパソコンの中に入っています。

 

そうならないためにバックアップは絶対に必要なんですが、最近では外付けの記憶媒体もどんどんコンパクトになってきています。

今回は、手のひらにスッポリ収まるサイズのSSDを紹介したいと思います。

 

たった25gのSSD

まずは写真を御覧ください。

めちゃくちゃ小さくないですか?

しかも重量は驚異の25g!

 

一昔前は国語辞典くらいあるHDDが主流でしたが、それはもう過去の産物になりつつあります。

当然ながらUSBバスパワーなんで、ACアダプタなしでどこでも持ち運べます。

 

スペックを簡単にまとめます。

容量 120GB、240GB、480GB
USB規格 USB3.1 Micro B
サイズ 49.5×80×9.5mm
重量 25g

2TBも3TBもあるHDDって、大抵の場合オーバースペックで中身スカスカになりがちです。

500GB前後あれば個人的には十分です。

 

それに小容量のものを複数用意して保存先を分けておくことで、リスクヘッジができます。

全部のデータをひとつにまとめるほど怖いもんはないですね。

 

小さすぎると逆にダメ

外付け記憶媒体としては、このSSDくらいのサイズがちょうどいい感じです。

と言うのも、大容量のmicroSDを使えば極限までコンパクトにすることができますが、僕は多分なくしてしまうでしょう。

大事なデータが入ったものが1円玉以下のサイズになると、なんか不安になりません?

なので、このくらいのサイズが大きすぎず小さすぎず、ちょうどいい感じなんですよ。

 

何でもかんでも小さければ良いってもんじゃないです。

 

まとめ

このSSDを強くおすすめしたいのは

  • 旅人
  • ブロガー
  • ノマドワーカー

などなど、移動が多かったり拠点を複数持っている人です。

このサイズと重量なら荷物にならないし、小さすぎないので紛失も防げます。

僕は480GBのモデルを買ったんですが、しばらくはこれで全然足りそうです。

いい買い物しました。


オンラインサロン「Survivor’s Guild」のご案内

日本で唯一の、サバイバルスキルを磨くためのサロン「Survivor’s Guild(サバイバーズギルド)」です。

アウトドアスキル、無人島サバイバル、自給自足生活など、あなたの生存本能を高めます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カナモ

アウトドア大好きな自称「世捨て人」。 山と自然とコーヒーと猫をこよなく愛する、The アウトドア人間。 無人島体験、自給自足生活、オンラインサロンやってます。 低血糖&少食で、しょっちゅう貧血を起こす。 詳しいプロフィールはこちら!