【MYOG】キューベンファイバーで3gの財布作ってみた

The following two tabs change content below.
カナモ
アウトドア大好きな自称「世捨て人」。 山と自然とコーヒーと猫をこよなく愛する、The アウトドア人間。 無人島体験、自給自足生活、オンラインサロンやってます。 低血糖&少食で、しょっちゅう貧血を起こす。 詳しいプロフィールはこちら!

どうも!自称「世捨て人」のカナモです!

最近は財布ばっかり作ってます。

構造や素材を変えながら色々と試行錯誤するのが楽しくてしょうがないです。

 

そして今回は究極とも言える軽さの財布を作り出すことに成功しました。

その名も『H2wallet』です。

 

H2は水素のことで、世の中で最も軽いというのを前面に押し出してみました。

 

H2wallet全容

これがH2walletです。

使用しているのは、ダイニーマ繊維を布状にした「キューベンファイバー(dyneema composite)」という生地で、超軽量&完全防水&鉄の15倍の引裂強度という、とんでもなくハイスペックなものです。

これ作るためにわざわざアメリカから生地を輸入しましたよ。

 

H2wallet最大の特徴は、なんと言ってもその軽さにあります。

3gなんて、体感的にはもう0gと一緒ですよ。

1円玉3枚分が重いと感じる人なんていない筈です。

まさにH2。

 

しかも、ただ軽いだけではありません。

  • お札を折らずに入れられる
  • カードが3枚入る
  • 小銭がいっぱい入る
  • カードサイズ

など、利便性も追求しています。

 

よくある軽い財布は、重量のために使いやすさを犠牲にしているものが大半ですが、H2walletは軽さと使いやすさが高いレベルで両立しています。

 

サイズは約6×8.5cm
厚みは最薄部で0.4mm
最厚部でも4mm

サイズ感はこんな感じです。

一切の無駄を省き、シンプル&ミニマルに徹した結果、財布はここまで小さく・軽く・薄く出来るということが分かりました。

 

まとめ

正直なところ、使いやすさを犠牲にしない設計だとこれが限界ではないかと思っています。

犠牲にすれば1g台の財布を作ることは実際難しくありません。

でも軽さだけを追求した使いにくい財布よりは、1〜2g重くても使いやすい方が良いと思うんですよね。

 

U.L.ハイカーはこういうの大好物だと思います。

 

シェアしてくれるあなたに感謝


オンラインサロン「Survivor’s Guild」のご案内

日本で唯一の、サバイバルスキルを磨くためのサロン「Survivor’s Guild(サバイバーズギルド)」です。

アウトドアスキル、無人島サバイバル、自給自足生活など、あなたの生存本能を高めます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です