スライドガストーチをODに塗ってみた

The following two tabs change content below.
カナモ
アウトドア大好きな自称「世捨て人」。 山と自然とコーヒーと猫をこよなく愛する、The アウトドア人間。 無人島体験、自給自足生活、オンラインサロンやってます。 低血糖&少食で、しょっちゅう貧血を起こす。 詳しいプロフィールはこちら!

どうも!自称「世捨て人」のカナモです!

キャンプギアは数あれど、他人と全くかぶらないアイテムを揃えるのは困難です。

せっかくなら、自分だけのオリジナルアイテムを持ちたくなりますよね。

そんな時に大活躍してくれるのが「塗装」です。

好きな色に塗るだけで、世界にひとつだけのオリジナルアイテムに変身します。

そんなわけで今回は、アウトドア派所有率の高い新富士(SOTO)のスライドガストーチを塗装してみたいと思います。

OD(オリーブドラブ)に塗装

アウトドアと言えば、やはりOD(オリーブドラブ)じゃないでしょうか。

OD色は自衛隊や各国軍隊が採用している色で、渋い&無骨な、まさにキングオブアウトドアカラーです。

では早速やっていきたいと思います。

100均バンザイ

塗装までに必要な道具は、精密ドライバーと紙やすり(#600〜#1000くらい)です。

両方とも100均に売ってます。

分解

大正義スライドガストーチ

アウトドア派の大定番&大正義でもあるSOTO(新富士)のスライドガストーチです。

これでもう4代目になります。

今まで空港で没収されたり紛失したり、何故か長く持てないというジレンマを抱えています。

シール剥がしたらネジ出てくる

まずはスライドガストーチの分解です。

ネジが小さいんで、無くさないよう注意が必要です。

パーツを無くさないように注意

バラバラになりました。

構造が単純なんで助かります。

研磨

次は研磨の工程に入ります。

もう後戻りはできない段階

今回は#600のサンドペーパーを使いました。

研磨後は洗剤で洗い、ドライヤーで完全に乾燥させています。

表面に皮脂などの油分が付着していると塗膜が弱くなるので、ここはしっかりと洗浄&乾燥をしましょう。

塗装

定番のOD色

いよいよ塗装の工程に入ります。

使うのはエスコのタッチアップスプレーOD色です。

色々調べた中で、これが1番僕の理想とする色に近かったです。

ダンボールで作った簡易塗装工場で作業をします。

薄く重ね塗り

1度に塗る量はかなり抑えて、4〜5回重ね塗りをします。

そうすることによって、液ダレを防いでキレイに塗れますよ。

勿論、完全に乾いてから上塗りをします。

素人クオリティにしては上出来

塗装が終了しました。

ムラなく均等に塗れたと思います。

あとはこれを組み上げて完成です。

完成!オリジナルスライドガストーチ

めっちゃ良い

塗膜が完全に乾いたので、組み上げました。

これで、世界にひとつだけのオリジナルスライドガストーチの完成です。

やはり良い色ですね。

キャンプ場で見せびらかしたくなります。

ムシャクシャしてやった。後悔はしていない。

ついでに、モバイルバッテリーも塗装してしまいました。

今は他に塗装できるものがないのか、家の中を目下捜索中です。

今回はこのへんで。

シェアしてくれたら嬉しいです!


オンラインサロン「Survivor’s Guild」のご案内

日本で唯一の、サバイバルスキルを磨くためのサロン「Survivor’s Guild(サバイバーズギルド)」です。

アウトドアスキル、無人島サバイバル、自給自足生活など、あなたの生存本能を高めます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

カナモ
アウトドア大好きな自称「世捨て人」。 山と自然とコーヒーと猫をこよなく愛する、The アウトドア人間。 無人島体験、自給自足生活、オンラインサロンやってます。 低血糖&少食で、しょっちゅう貧血を起こす。 詳しいプロフィールはこちら!