【ミニマルな装備で】ナイトハイク&キャンプに行ってきた

The following two tabs change content below.
カナモ
アウトドア大好きな自称「世捨てびと」。 山と自然とコーヒーと猫をこよなく愛する、The アウトドア人間。 必殺技は無人島サバイバル。 低血糖&少食で、しょっちゅう貧血を起こす。 詳しいプロフィールはこちら!

どうも!自称「」のカナモです!

世捨てびと今回は夜からテントを張りに山に出かけました。
お相手は山繋がりで仲良くなったSさんです。

 

I’m Crazy guy

image

余談ではありますが、直前に400ml献血に行ってきました。

献血後は安静にするのが常識ですが、経由地に献血ルームがあったのでついつい…
看護師さんも「こいつアホやろ」みたいな顔で見てましたが、爽やかな笑顔で「無理せず登ってきます!」と返しときました。

血を抜かれる時の、腕に伝わる機械の振動が好きなんです。

「怒らないで… 自分でもバカだって分かってる…」
(紅の豚より)

 

いざテント場へ

まぁそんな感じで21時頃から意気揚々と登り始めました。夜なんで登山道は勿論暗いんですが、月明かりや星明かりでうっすらと照らされていたので、ヘッドライトは要らない所も結構ありました。ヘッドライトに頼り過ぎると照らされている場所以外が極端に見えにくくなるので、夜でもライト無しの方が良い場合もあるんじゃないかと思います。

そんなこんなで、のらりくらりとテント場を目指して登っていました。が、400ml献血のせいでちょっと登っただけでも尋常じゃないくらい息切れし、超スローペースでしか歩けませんでした。やっぱ血が足りないと酸素が巡っていないのが良く分かります。

看護師さんすいません。もう献血後に登山はしません。

息も絶え絶えでなんとか到着し、早速テントとキャンプファイヤーの準備をしました。

image image

やっぱりキャンプと言えばキャンプファイヤーです。
これが無いと僕のキャンプは始まりません。

 

レジ袋活用法

image

テント泊での照明は大抵ヘッドライトになりますが、ヘッドライトは指向性が強いので角度によってはしっくりこない事があります。そんな時はレジ袋を被せてしまえば、光が拡散して柔らかい照明に変身します。それを木の枝に吊るせば、簡易ランタンの完成です。

今回は白のレジ袋ですが、ドン・キホーテの黄色い袋なら電球色っぽくなるのでオススメです。

 

足りない幸せ

レジ袋の活用法もそうですが、少し頭をひねれば1つのアイテムに10の使い方を見出すことができます。

足りないからこそ工夫をするというのは、物で溢れかえっている現代では中々できない幸せな体験なんじゃないかな、と思います。

 

 

まぁBOSEのスピーカーHelinoxチェアだけは外せませんが。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です