【飲んだくれ登山】山で飲む酒がマズいわけがない

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

登山の楽しみ方は人それぞれですが、最近流行りだしているのが「山と酒」のコラボレーションです。

今回は僕が参加してる登山部の「飲んだくれ登山」に密着したいと思います。

 

飲んだくれ登山とは?

「山と酒が好きな人達が集まって、みんなで山に登って飲んだくれよう」という企画なんですが、登山部ではもう10回以上開催している定番イベントです。

飲んだくれ登山のスケジュール

1日の流れを簡単に説明したいと思います。

10:00梅田集合
10:30登山口近くのスーパーで買い出し
11:00酒と食材を背負って登山開始
14:00目的地に到着&飲んだくれ開始
17:00片付け&ロープウェイで下山
18:00街に戻って2次会
終電前 4次会くらいまでやって解散

こんな感じです。

酒飲んだ後に歩いて下山はできないんで、帰りは必ずロープウェイで下山します。

なので登山初心者にも人気の企画です。

 

飲み足りない人は、下山後の2次会3次会に参加するのもアリですね。

 

飲んだくれ登山の様子

飲んだくれ登山には、老若男女問わず色んな人が集まります。

少なくとも毎回15人くらいは参加してますね。

以下、第9回飲んだくれ登山の様子です。

山頂で記念撮影

 

とりあえず乾杯

 

ギョウザ意匠製作中

 

コーヒー豆焙煎中

 

何故かwithBをさせられる

 

景色を楽しむ

 

日本3大夜景

 

まぁこんな感じで楽しくやってます。

 

飲んだくれ登山の心得

かなり自由な感じのイベントですが、守らなければならないルールがいくつかあります。

その1 自力で帰れ

許容量を超えてアルコールを摂取し、自力で帰られなくなる人は、参加させません。

酒は飲んでも飲まれるな!ってね。

その2 お触り厳禁

登山がしんどくないということもあり、女性の参加者が多いです。なので男は浮かれがちなんですよね。

ごく稀にいるんですが、酔った勢いでセクハラまがいのことをする男がいますが、発覚した時点でケツにキツい蹴りを1発かまして強制帰宅させます。

その3 自己中は参加禁止

登山初心者も多く参加するので、いくら体力に自信があっても、みんなをほっといて我先に登るような人は、参加をお断りしています。

集団の和を乱すだけじゃなく、遭難でもされたら責任とれませんしね。

 

まとめ

「山頂で飲むビールは美味い」を究極に進化させたのが、飲んだくれ登山です。

みんなで作った料理をつまみにして飲む酒の美味さは、絶対に下界では味わうことができません。

 

僕は酒弱いんで、そんな飲めないんですけどね!!

 

楽しみ方は人それぞれでいいと思います。飲みたい人は飲んで、喋りたい人は喋る。

雰囲気を味わうだけでも楽しいですよ。

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です