寝袋はダウンと化繊どっちが良い?それぞれの特徴と新たな選択肢

The following two tabs change content below.
カナモ
アウトドア大好きな自称「世捨てびと」。 山と自然とコーヒーと猫をこよなく愛する、The アウトドア人間。 必殺技は無人島サバイバル。 低血糖&少食で、しょっちゅう貧血を起こす。 詳しいプロフィールはこちら!

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

あなたはテント泊・キャンプの時に、どんな寝袋(シュラフ)を使ってますか?

ダウンですか?それとも化繊(化学繊維)ですか?

 

特に意識せずに使っている人もいるかもしれませんが、両者の違いを知るのはとても重要です。

アウトドアアクティビティでは、睡眠の質というのはとても重要です。

それを左右する寝袋は、こだわりを持って選んで欲しいと思います。

 

なので今回はダウンと化繊の寝袋の違いを、分かりやすく説明していきます。

 

冬の寝袋問題

夏場はあまり関係ないんですが、冬になると寝袋が濡れやすくなります。

体温と外気温との差で結露しやすくなるからです。

なので、軽くてコンパクトだけど水に弱いダウンが良いのか、重くかさばりがちでも水に強い化繊が良いのか、人によって分かれるところです。

 

キャンプなのか登山なのか、その人のアウトドアスタイルでも変わってくるし、もっと細かく言えば登山でも低山or高山、雨の多い地域かそうでないかなど、あらゆる要素が絡んできます。

なので一概にダウンが良いとか化繊が良いとは言いにくいですね。

大切なのは、それぞれの特徴をきちんと把握しておくことです。

 

ダウンと化繊の違い

暖かさは全く同じと仮定した場合、ダウンと化繊は何が違うのかをまとめます。

ダウン 化繊
重量 軽い 重い
収納サイズ 小さい 大きい
耐久性 羽毛が抜ける 長く使える
耐水性 水に弱い 水に強い
洗濯 要専用洗剤 普通に洗える
寝心地 良い 普通
価格 高い 安い

 

化繊はダウンに比べ、水に強いです。

と言ってもテント内での使用では雨に濡れることはないし、冬場の結露も寝袋がベチョベチョになる程ではありません。

 

サイズと重量はかなり違ってきます。

登山だと化繊は重くてかさばるのであまり好まれません。

出来るだけ荷物を軽くしたいなら、ダウンが良いでしょう。

オートキャンプなどではサイズと重量に制限が少ないんで、化繊でも全く問題ないです。

 

寝心地は個人的にダウンの圧勝です。

化繊は中綿が背中で塊になって気になったり、重量を感じることがあります。

 

両者の最大の違いは価格です。

化繊はダウンの半額くらいで買えますからね。

 

新しい選択肢

ここまで考察しといてアレなんですが、化繊とダウンという比較は、もはや古いかもしれません。

というのも、ファイントラックから「ファインポリゴン」という新しい素材を使った寝袋が出ているからです。

 

「ポリゴンネスト」という名前の寝袋なんですが、従来の化繊やダウンと違い、中綿がシート状になっています。

中に入ってるシートの枚数で対応温度が変わり、寝袋の下×上の枚数が3×2〜16×12まであり、季節や標高によって最適なものを選べるようになってます。

 

濡れても保温性を維持でき、速乾性も高く、しかも軽量でコンパクトです。

ダウンと化繊の良いところを詰め込んだような寝袋ですね。

 

但し、ポリゴンネストも完全無欠な寝袋というわけではありません。

まず安くはないです。

ダウンのものと同じか、少し高いくらいです。

後はシートの性質上なのかもしれませんが、寝袋内で動くたびにシャカシャカ音がします。

気にならないという人もいるので、個人差はありますが。

収納サイズも、ダウンのハイグレードなモデルと比べると大きいです。

 

まとめ

ダウンと化繊の寝袋論争は、決して終わることがないでしょう。

それぞれに良さがあり、利用シーンも多岐に渡るからです。

 

理想なのは両方の寝袋を買うことですが、そうもいきません。

そんな時は両者のデメリットを最小限にした「ポリゴンネスト」という選択肢があるのも覚えておいてください。

ファイントラックは日本の会社なんですが、あそこの商品開発力とアウトドアにかける情熱は凄まじいですよ。

 

あと大切なのは、如何に地面からの冷えを防ぐかということです。

つまりシュラフマットですね。

これに関してはまた別の機会に考察したいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です