もしもの時に大活躍!一万円で揃えるサバイバルキット

14573665817960.jpg

スポンサードリンク

image

震災や事故などでいきなり自然の中に放り出された時、絶対に生き残る自信のある人はどれ程いるでしょうか?

そんな事自分には関係ない」と思っている人もいるでしょう。
しかし日本は世界有数の地震大国です。
いつ何時そんな状況に巻き込まれるかわかりません。

地震以外でも、様々な要因でサバイバルを余儀なくされることも充分に考えられます。
それは宝くじて高額当選する確率よりも遥かに高い筈です。

そんな時に生死を分けるのは、如何に備えているかに尽きます。

今回は僕がオススメするサバイバルキットを紹介したいと思います。

SOLサバイバルキット オリジン

数あるサバイバルキットの中で僕がこれをオススメする理由は、他のどのサバイバルキットよりも携帯性と収納性に優れているからです。

防水ケース、コアライトナイフ、レスキューフラッシュシグナルミラー、コンパス、ファイヤーライトスパーカー&ティンダー、ナイロンコード、ステンレスワイヤー、アルミホイル、安全ピン、釣り糸、釣り針、スウィベル。

これだけの物が掌に収まる程コンパクトに収納されています。

他のサバイバルキットは個別のアイテムを寄せ集めてセット販売という物が多いですが、SOLのサバイバルキット オリジンは専用設計になっているので、収納のしやすさと取り出しやすさは抜群です。

しかし、これは本当に最低限のキットです。
次はこれにプラスで用意するアイテムを紹介します。

ソーヤー ミニ

サバイバルで最も大切なのは、水の確保です。
いくら釣り針やナイフを用意したとしても、水が無ければ生き残ることは絶対にできません。
勿論飲める水でないと意味がありません。

そんな時に活躍してくれるのが、携帯用浄水器の”ソーヤー ミニ”です。

ストローのようにそのまま飲むこともできるし、付属のパウチや市販のペットボトルに接続して浄水することもできる優れものです。

綺麗な水があるというだけで、サバイバルの生存率は大きく上昇します。

しかしこれでもまだ足りません。後はバラで用意するのが良いと思います。

サバイバルシート

これ無しで夜を過ごすのはキツいです。
防水で保温性が高く、コンパクトに収納できるので、サバイバルや防災には定番のアイテムとなっています。

数百円で買えるのも良い所ですね。

薬・絆創膏など

サバイバルに怪我はつきものです。そして怪我で一番気をつけるべきは感染症です。
多少の切り傷などは放っておいても治りますが、そういった傷による感染は薬が無いとアウトです。

他にも傷の痛みや腹痛など色々な症状に対応するため、クラビットジェネリックやロキソニン、胃薬あたりは用意した方がいいです。

ダクトテープ

ガムテープではなく、ダクトテープです。
粘着力がかなり強く、補修以外にも着火剤や止血帯としても使えます。

細めのダクトテープを不要なカードに巻いておくと嵩張らずコンパクトに収納できるのでオススメです。

ターボライター

百均でも売っています。
普通の火のライターは風に弱く温度も低いので、高温で風に強いターボライターがオススメです。

焚き火をするのにライターがあった方が、SOLに付属のファイヤーライトスパーカーよりも遥かに楽なのは言うまでもありません。

これだけあれば、危機的状況もなんとか切り抜けることができます。

薬以外のアイテムを全て揃えて丁度一万円位になります。

最後になりますが、本当はこういったツールを使う場面に出会わないことが一番です。
しかしあなたにその決定権はありません。

僕達ができるのは、常にそういう状況を想定して備えることだけです。

日本最大級の品揃え 登山用品専門店の好日山荘《公式通販》

スポンサードリンク

14573665817960.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です