出世コースを捨てて2年。サバイバルスキルを磨き続けた僕は言う「仕事なんてなんとでもなる」

The following two tabs change content below.
カナモ
アウトドア大好きな自称「世捨てびと」。 山と自然とコーヒーと猫をこよなく愛する、The アウトドア人間。 必殺技は無人島サバイバル。 低血糖&少食で、しょっちゅう貧血を起こす。 詳しいプロフィールはこちら!

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

このブログを始めたのが2014年の12月で、もうすぐ開設2年を迎えようとしています。ここまで続けてこられたのも、このブログを見てくれているみなさんのおかげです。本当にありがとうございます。

せっかくなんでこの2年僕がどうやって生きてきたかを振り返り、今後どうするかを披露したいと思います。

「仕事辞めて自由な生活をしてみたい」と思っている人には、少なからず参考になる筈です。

 

仕事なんてなんとでもなる

work

みんな仕事を失う事にビビりすぎだと思うんです。
もちろん家庭がある人とそうでない人では生活のベースも仕事に対する重要度も違うんで、一概にそうだとは言えませんが。

僕の場合をちょっと話したいと思います。

僕が最後に働いていた会社はその業界では大手と言われている所で、大阪に新しく事業所を立ち上げるところでした。別の支店から1人大阪に派遣して、新入社員である僕に付きっきりで仕事を教えてくれました。予定では僕が仕事を覚え次第、派遣されていた上司は元の支店に戻り、僕が大阪支部の責任者になる予定でした。つまり仕事を続けていたら、僕は今頃「支部長」的な立場になっていたでしょう。まぁ1人しかいないから必然的にそうなるんですが。

平たく言うと出世コースまっしぐらだったわけです。

しかし離婚を機に、
「家族養う必要ないんなら好きに生きれるやん!ヒーハー!!」
という結論に達し、仕事を続けていく気が全くなくなりました。そして出世が確約されている仕事を辞め、住んでいた家を追い出され手放し、バイクに乗って放浪の旅に出ました。

勿論僕もアホではありません。いやアホなんですが、アホなりに生活費をどうやって稼ぐか色々と考えました。しかしそこはアホな僕。何も思いつきませんでした。

 

そんな時、学生時代からの友人である”香川のWEB屋”こと矢野キチという男が、僕にブログを勧めてくれたわけです。「好きなことしてみんなの役に立てて、更にお金も稼げるって素敵やん?」という彼のひと言に後押しされて、遅筆ながら今までブログを書き続けてきました。

しかしハッキリ言いましょう。

kanamo
ブログは趣味です。

一応僕もブログで生計を立てようとしている「ブロガー」です。こう見えても。しかし正直なところ、僕はブログで稼ぐことを1番の目的としていません。なので、ブログの収入が10万円でも100万円でも1,000万円でも、大した違いはないんです。あくまでも「みんな幸せになってちょっと稼げたらいいな」というスタンスです。

しかし何事においても、お金というのは貢献度と比例します。なので、もしアクセスが上がって毎月1,000万円稼げたとしても、それはただの結果でしかなく、それよりもより多くの人の役に立てたという事実の方が僕には重要なんです。

とりあえずブログ論は趣旨から外れるんでこのへんにしときますね。

 

期間労働でもええやん

12308735_916742475077376_6384333657346181028_n

仕事を辞めた後、とりあえず資金を貯めようと思って、和歌山のみかん農家で1ヶ月ほど働きました。
仕事内容はみかんをひたすら収穫することです。

期間労働と聞くと、必ず出てくるのが「そんなんやっても何の意味もない」とか「正社員で働けないだけやん」などと言う人です。そんな人にこの言葉を贈ります。

じゃあお前二度とみかん食うなよ!?大概の農業は期間労働者が支えてんねんぞ!

 

労働に上も下もありません。すべての仕事が尊い筈です。そこでの出会いや人間関係を大切にしていると、思わぬ形で別の仕事に繋がることもよくあります。実際僕はみかん農家の園主から簡単なサイト作成を依頼され、みかんの収穫とは別の形で収入を得ました。まぁ微々たる金額ではありますが。

仕事なんていくらでもあります。無ければ自分で作ればいいだけですよ。少なくとも僕は「ブログ」という手段を使ってなんとか生活出来ています。

 

最低月3万円あれば暮らせる

make-money

とは言うものの、この資本主義社会では資本(お金)がないと生きづらいのは事実です。では最低いくらあれば生きていけるのか、実体験をもとに算出してみました。

結論から言うと3万円あれば、条件によっては十分生きていけます。

僕が西表島でテント生活してた時の1ヶ月の出費を簡単に紹介したいと思います。

  • 食費:10,000円
  • 通信費:2,000円
  • 交通費:6,000円
  • その他雑費:10,000円

アイスとかジュースとか弁当ついつい贅沢してしまったんで、食費はもっと削れます。魚介類と野菜は現地調達してました。シャコガイとかエビとかパパイヤとか色々。通信費はスマホの料金です。格安SIMバンザイ。交通費は本来かからないんですが、1度石垣島に戻ったことがあったんで、往復の船代として支払いました。その他雑費に含まれるのは、キャンプに必要な道具をちょこちょこ買ってたらこうなりました。

つまり、ただ生きていくという点では、3万円あれば充分です。
保険や住民税などは別ですが。

「月3万円も稼げません!」とは思わないでしょ?期間労働を数ヶ月して、後は年中放浪の旅をしてる人も実際にいます。月50万円稼げる仕事はかなり絞られますが、月3万以上稼げる仕事なんていくらでもあります。つまり仕事なんてなんとでもなるもんです。

 

僕の目指すところ

mountain-summit

話はガラッと変わりますが、僕の目指すところについて書きます。と言ってもそれはいくつかあるんで、それぞれについて詳しく説明しますね。

 

C.W.ニコルの後釜

みなさんC.W.ニコルという白人のオッサンを知ってますか?一昔前はアウトドアなTV番組や雑誌にひっぱりダコだった、THE アウトドアなオッサンです。しかしアウトドアなイメージの強いC.W.ニコル氏ですが、実は本来の仕事は小説家です。

これってめちゃくちゃ素敵な事だと思うんです。何故なら仕事とは別に好きなことして生きてるから。自分の仕事に縛られずに生きていけるって、最高だと思うんですよね。

僕はその内燻製屋を始めようと思っています。しかしそれとは別に、キャンプやサバイバルのワークショップをやるつもりです。仕事を1つに絞る必要なんてないと思うんですよね。

 

住所不定の旅人

これはある意味もう達成しています。なんせホームレス住所不定ですから。

「ノマドワーカー」という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。ノマドワーカーつはつまり「場所に縛られずに働く人」のことなんですが、主にPCだけあれば仕事が出来る人たちのことを指します。

世界中を旅しながらPCひとつでいつでも仕事が出来るって、最高だと思うんですよ。

じゃあ僕がノマドワーカーになるにはどうしたら良いかと、色々考えました。現状では「旅しながらブログ書く」という方法が1番現実的です。世界を回って体験したことを、ブログを通じてみなさんと共有出来ればきっと楽しいだろうなと思います。

 

野人

これは今すぐにでも叶えられます。と言うか既に半分野人です。なんせこの2年、サバイバルスキルを磨くことだけはサボらずやってきましたからね。どこかの無人島でひっそりと暮らすのも、それはそれで楽しいかもしれないですね。

 

告知!!

最後になりますが、これから新しいことを始めようと思います。それは「YouTubeでサバイバル実況」です。

中々出来ない事を、僕の目を通して疑似体験してもらえたらいいなと思って。
だってみんな好きでしょ?「ヤバイよヤバイよ〜」とか言いながら体張る芸人。
それを地で行こうとしてるわけです僕は。きっとスリル満点の動画が沢山撮れると思います。

時期はまだ決まっていませんが、2017年に入って早々に始められればいいなと思っています。具体的な事については、また改めて告知したいと思います。

kanamo
乞うご期待!
日本最大級の品揃え 登山用品専門店の好日山荘《公式通販》

2 件のコメント

  • こんにちわ!
    ワクワクして読ませていただきました!

    世捨てびとに憧れています。
    50代の女性です。
    守らなければならないものが、ひとつもありません。

    これからも
    楽しみに読ませていただきます。

    • ペパペパ 様

      ありがとうございます!

      世捨てびと生活も実際楽じゃないですが、それでもこの生活で手に入れた自由を天秤にかけると、世捨てびとやってて良かったなって心から思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です