もう迷わない!キャンプに最適な銀マットはこれだ!!

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

キャンプには欠かせない「銀マット」ですが、ホームセンターで安売りしている銀マットでは、保温性やクッション性があまり良くないんで、快適な睡眠は得られにくいです。

「キャンプの質は睡眠の質」と言ってもいいくらい、これは重要な問題です。

そこで今回は、キャンプでの睡眠の質を格段に上げるおすすめな銀マットを紹介していきたいと思います。

 

そもそも銀マットとは


銀マットとは、その名の通り銀色のマットです。

知らない人はまずいないと思うんで詳しい説明は省きますが、銀マットの特徴として、「保温と熱反射」が挙げられます。スポンジ部分が断熱層となって地面からの冷えを防ぎ、銀色のフィルムが熱を反射して暖かさを保つという仕組みです。

「マットの銀面は上か下か?」という議論が色々な所で交わされていますが、結論的には銀面は上ということになってます。

 

ただ、ひとくちに銀マットと言っても商品によってスペックに大きな違いが出るので、適切なものを選ばないと寒くて寝られなかったり、クッションが薄くて身体が痛くなったりします。

 

この銀マットがおすすめ

サーマレスト Z-LITE sol

登山では定番の銀マットです。じゃばら式でコンパクトに折りたため、マットの凹凸が空気の層を作って高い保温性を発揮します。

僕もテント泊で使ってるんですが、保温性とクッション性が高く、快適に眠れてます。

西表島サバイバル生活にも持っていったんですが、かなりハードに使っても破れたりちぎれたりすることなく、耐久性には大満足です。まぁちょっとだけ高いですけどね。

RONDE EVAマット

サーマレストのZ-LITEsolとほぼ同じものと言えます。EVAフォームにアルミ蒸着をしていて、横幅がこちらの方が6cm広くなっています。

しかし価格が大きく違います。Z-LITEsolが約6,000程するのに対し、こっちは3,000円弱で買えます。

安定の中華製。

サーマレスト リッジレスト ソーラー

僕の知る限り最強の銀マットです。

保温性とクッション性が抜群に高く、耐久性も申し分ないです。ただし結構かさばるし、価格も高めです。

冬場のキャンプには最適な選択肢ですね。

 

こんな使い方もできる

「銀マット=キャンプの道具」と思われがちですが、キャンプ以外でも活躍の場はたくさんあるんです。

自宅の床冷え防止

銀マットがないとき

僕はたまにこういうスタイルでブログを書いてるんですが、フローリングに直接座ると冷たいし、足やお尻も痛くなるんですよね。

なので銀マットを下に敷くと快適です。

銀マットがあるとき

ほらね。やる気と作業効率が段違いです。

昼寝に

ちょっと昼寝したい時なんかは、銀マットがあれば最高です。

銀マットがないとき

何もなしで寝ると快適な昼寝は難しいです。

床は硬いし枕はないし。

銀マットがあるとき

でも銀マットがあれば、こんな素敵な笑顔を浮かべて昼寝できます。

じゃばら式のマットなら、一部を折りたたんで枕としても使えるので最高です。

 

まとめ

僕はエアマットやインフレータブル(自動膨張)マットは信用していません。小さな穴が空いただけでも即使用不能になりますからね。

その点、銀マットなどのクローズドセルタイプのマットは安心して眠ることができます。

しかし銀マットにもさまざまな種類があり、選択肢を誤ると快適な睡眠は得られません。

ここで紹介したものであれば、まず間違いなく快適に眠れることでしょう。

2 件のコメント

    • しろくま 様

      いつも見て頂きありがとうございます!

      エバニューのマットは最高ですね!

      でもエバニューのマットは現在入手困難な状態になってるんです。
      製造をやめたのか、品薄なのかは分かりませんが、もうどこにも見当たらないんです。

      ここで紹介したマットはエバニューのものとは違うメリットがあるんで、使用する状況で使い分けて頂くのが1番かなと考えています^_^

      あと今回は「銀マット」でまとめた記事なんで、エバニューのEXP180は比較対象外になります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です