徒歩旅で1番重要なのは靴!270km踏破の相棒が決まりました

The following two tabs change content below.
カナモ
アウトドア大好きな自称「世捨てびと」。 山と自然とコーヒーと猫をこよなく愛する、The アウトドア人間。 座右の銘は「トライアル&エラー」「マジハマリコスメランキング」 詳しいプロフィールはこちら!

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

大阪〜金沢の徒歩旅の準備も、そろそろ完了しそうです。

殆どの装備は今まで使ってた登山道具でオッケーなんですが、靴だけは新たに揃える必要がありました。

というわけで、今回は270kmを歩くために1番大事なアイテム「靴」を紹介したいと思います。

 

お遍路さんを参考に

長距離の徒歩旅と言えば四国八十八ヶ所、通称お遍路さんが有名です。

なんせ1200km近く歩きますからね。

僕が歩く距離の4倍以上ですよ。

 

つまりお遍路歩きの靴を参考にすれば、270kmなんてムーンウォークで軽々完歩できるわけです。

そこで、お遍路歩きを紹介しているブログを検索結果の30ページ目くらいまで読み漁り、データを収集しました。

その結果、次の事がわかってきました。

  • スニーカーは論外
  • トレッキングシューズは固すぎる
  • ランニングシューズは柔らかすぎる

 

スニーカーはそもそも長距離を歩く目的で作られてません。なので論外。

トレッキングシューズはソールが硬く、舗装路を歩くのには向いてません。

ランニングシューズは柔らすぎて、逆に不必要な力を使ってしまうので疲れます。やはりウォーキングに特化した靴が1番ですね。

ただし普通のウォーキングシューズではなく、アウトドアメーカーが作っているウォーキングシューズが理想です。

 

アウトドアメーカーのウォーキングシューズがベスト

山道も想定して作ってるんで、悪路走破性が高く、硬すぎず柔らかすぎないソール。

どんな天候でも対応できる防水性能。

高い耐久性。

まさに僕が求めている性能が全部詰まっています。

 

季節的に防水機能は必須

今回の徒歩旅は2月にやる予定です。

夏ならあまり気にしなくても良いんですが、2月の雨や雪で足が濡れると最悪凍傷ですよ。それだけは避けたい。

というわけで、防水機能は必須です。

 

あえてローカット

ハイカットは足首の可動域を狭め、膝や股関節の負担が増えます。なので実はハイカットってあんま意味ないと思ってます。

あとこの徒歩旅が終わった後の使い勝手を考えると、ローカットの方がなにかと便利という打算的な考えもあります。

ローカットだと雨や雪が浸入しやすくなりますが、登山用のゲイター(レインスパッツ)を使うつもりなんで、恐らく大丈夫です。

 

SALOMON KILIWA GTX

色んな店に行って20足くらい試し履きした結果、僕にはSALOMON(サロモン)の靴がいい感じにフィットするというのが判明。

その中でも、Kiliwa GTXというモデルが安いので気に入りました。

このモデルはスーパースポーツゼビオ(L-Breath)の別注モデルだそうで、他の店には置いてません。

ソールの硬さ、クッション性、フィット感、どれも僕にはピッタリなように感じます。

本当にそうなのかは、実際に歩いてみないとわかりませんけどね。

 

クイックレースが超絶便利

一般的な靴は、靴紐を結んで調整しますが、サロモンは「クイックレース」というシステムを採用しています。

 

こんな感じで、引っ張るだけで簡単に紐が締まります。

これほんま便利ですよ。

 

 

インソールでパワーアップ

付属のインソールではなく、別売りのインソールを買いました。

ZAMST(ザムスト)のインソールなんですが、これに変えると世界が変わりました。

インソールを変えるメリットは

  • 土踏まずのサポート
  • フォームの矯正
  • サイズ感の調整

が挙げられます。

 

土踏まずのサポート

長時間歩いていると、土踏まずが落ちてきて疲れやすくなります。

それを防ぐために、土踏まず部分が隆起したインソールで土踏まずの形をキープするわけです。

 

フォームの矯正

ウォーキングのフォームは、歩行距離が長ければ長いほど重要になります。

でも僕はウォーキングの専門家ではないんで、正しいフォームを知りません。

そんな僕でも、インソールを変えるだけでウォーキングのフォームは劇的に改善できます。

 

こういうインソールは踵と土踏まず部分がかなり硬めに作られていて、安定感が抜群です。

足が不安定だと、バランスを取るために膝や股関節、背骨などが曲がってしまいます。

つまりインソールで足を安定化させることによって、簡単に正しいフォームに矯正することができるっていう寸法でさー。

 

サイズ感の調整

自分の足にミラクルフィットする靴って中々ないんですよね。

そうなると選択肢は2つ。

足を靴に合わせるか、靴を足に合わせるか。

当然ながら、後者の方が良いに決まってます。

 

靴紐でもある程度は調整することが出来ますが、足幅や甲の高さまでは合わせられません。

しかしインソールは厚みや土踏まずの高さを幅広く調整できるんで、ミラクルフィットする靴を自分で作ることができます。

 

まとめ

そんなわけで、靴とインソールを組み合わせて270km完歩のための相棒が完成しました。

あと少しのアイテムを揃えて、大阪〜金沢徒歩の旅の装備が完成します。

出発のカウントダウンが始まりました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です