【徒歩旅2日目】温泉は旅の醍醐味&究極の癒しだった

The following two tabs change content below.
カナモ
アウトドア大好きな自称「世捨てびと」。 山と自然とコーヒーと猫をこよなく愛する、The アウトドア人間。 必殺技は無人島サバイバル。 低血糖&少食で、しょっちゅう貧血を起こす。 詳しいプロフィールはこちら!

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

大阪から金沢への徒歩旅の2日目が終わりました。

昨日は京都市山科区にある公園で野宿したんですが、今朝の最低気温は-1℃で、まぁまぁ寒かったです。

眠れないことはないけど、やっぱ足元が冷えますね。

 

こう寒いと温泉が恋しくなります。

そんなわけで、今日の目的地は温泉に決まりました。

 

隣のホームレスがうるせえ

テントを張った場所は公園内の東屋の横だったんですが、0時頃からホームレスらしきおっさんが東屋にやってきて、いつまでもゴソゴソゴソゴソうるさかったです。

ほんでテントのすぐ近くで立ちションしよったでこいつ。

おっさんマジ卍。

 

イラッときたんで、まだ3時前でしたが、さっさと撤収して歩くことにしました。

 

恐怖の山道

山科から大津に抜ける最短ルートを選択した結果、まぁまぁキツい峠を越えることになりました。

GoogleMapは難易度が高すぎる。

 

ご覧の通り、街灯なんてあるはずもなく、バイクですら登れないようなほっそい山道をひたすら登りました。

途中でタヌキ出てくるし、謎の動物の鳴き声がめっちゃ近くで聞こえるし、下手なお化け屋敷なんかよりもよっぽど怖いですよこれは。

 

極め付けは、お地蔵様を祀ってる小さい小屋にいたおっさん。

本当に真っ暗でなんにもない山道の途中で、突然ラジオの音が聞こえたらどれほどビビるか。

その小屋には、ローソクの明かりに照らされて佇んでるおっさんがひとり。

何をするでもなく、ただボーッと佇んでるんですよ。恐怖しかない。

 

ほんで「こんなとこで何してるんですか?」「ここはどういう場所なんですか?」と色々聞いても、返ってくるのは「関係あらへんやんけ!」というセリフ。

口の悪いオウムかお前は。お地蔵様の前やぞ。

まぁそんな感じで、1時間ほどかけて峠を越えました。

 

温泉で癒される

都合のいいことに、今日予定していたルート上に「おごと温泉」がありました。

雄琴温泉(おごとおんせん)は、滋賀県大津市(旧国近江国)の琵琶湖西岸にある温泉。最澄によって開かれたと伝えられる約1200年の歴史を持つ由緒ある温泉。滋賀県下最大の温泉地であり、2000年以降、地元観光協会などでは、平仮名表記の「おごと温泉」を標榜している

引用元:雄琴温泉 – Wikipedia

これはもう行くしかないですよね。

たった1日でズタボロになった身体を癒やさないと。

僕が向かったのは「スパリゾート雄琴あがりゃんせ」という温泉で、もうめちゃくちゃリラックスできました。幸せ。

 

しかしひとつ問題が。

両足に水ぶくれがいくつか出来てて、長時間お湯に浸かるとふやけて破れてしまうんです。

水ぶくれを早く治すためには破らないほうが良いんで、結局20分程で上がってしまいました。2000円くらいしたのに。

 

でも施設自体はめっちゃ良かったです。

またのんびりできる日程組んで入りに行きたいですね。

 

寝床探しに苦労

今日の出発地点から温泉までは約15kmほどで、1日のノルマ30kmの半分しか進んでません。

温泉入った後に歩くのはあんま気が進みませんが、そうも言ってられないんで、とにかく徒歩旅再開。目的地は比良駅あたり。

しかし比良駅周辺は結構な田舎で、テント張れるような場所がなかなか見つかりません。

公園もひらけた場所もない中途半端な田舎が1番寝床探しに苦労するんですよね。

 

そんなわけで、ゆっくり休める場所を探してひたすら歩いていたら、2駅先の北小松駅まで来てしまいました。

ちょっと寒いけど、ここならゆっくり休めるはず。但し終電と始発の間だけ。

 

今日の移動距離は約35km。そこそこな距離を歩いてしまいました。

足が痛くて痛くて。人生で5本の指に入るくらいしんどいです間違いなく。

原因はもうわかってるんです。でもそれを認めるのが悔しいんです。

 

靴が合ってねぇ!!

つまりそういうことです。

店でフィッティングした時はジャストフィットと感じたんですが、どうやらそれじゃダメみたいですね。

ジャストフィットに少し余裕があるくらいで選ぶのが良いということに、今更気づいてしまいました。

なんせ初日の30km地点で水ぶくれできて痛かったですからね。

 

明日どうしよう・・・

ここでひとつ、大きな問題に直面しています。

明日はまず、次の駅である近江高島を目指すんですが、今いる北小松駅から7kmあります。

そして両駅の間には何もありません。道だけです。

明日の目的地である「道の駅 マキノ追坂峠」までは、約31kmあります。

 

つまり今日と同じような距離を、明日も歩かなければなりません。

はっきり言いましょう。

 

kanamo
むりぽ

 

なので、近江高島駅までの7kmをワープ(電車移動)することを検討中です。

 

だって足痛いんだもん!!

途中で歩けなくなっても逃げ場がないんだもん!!

 

まあなんやかんや言いながらも、2日で85km(1日目50km+2日目35km)は歩きました。

ペースは悪くないかなと思います。

 

この際手段は選ばない

期待してくれている人達には申し訳ないんですが、ここでハッキリさせときます。

重要なのは11日中に金沢に到着することで、遅れそうならヒッチハイクでも電車移動でもしてやるぜ俺は!!

 

勿論、出来る限り徒歩で移動します。

事実この2日間はずっと徒歩でしたし。

手段にこだわりすぎて目的を見失うのは本末転倒ですからね。

 

でも1回楽すると、次から甘えが出てきそうで怖い。

 

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です