100均アイテムだけで作る!クッカー&ストーブセット

The following two tabs change content below.
カナモ
アウトドア大好きな自称「世捨て人」。 山と自然とコーヒーと猫をこよなく愛する、The アウトドア人間。 無人島体験、自給自足生活、オンラインサロンやってます。 低血糖&少食で、しょっちゅう貧血を起こす。 詳しいプロフィールはこちら!

どうも!自称「世捨て人」のカナモです!

今回あなたに言いたいことはひとつ。

kanamo
100均の底力を見せてあげよう!

以上です。

 

まぁそんなわけなんで、全て100均のアイテムだけで作ったクッカー&ストーブを紹介したいと思います。

かかる予算はたったの1,000円です。

 

必要なもの

まずは必要な材料を揃えます。

今回は100均大手の「セリア」を利用しました。

ダイソーに負けず劣らず良い店ですよ。

 

セリアで買ってきました

ストーブには

  • アルミ製クリームコンテナ
  • スチールウール
  • シリコンカップ
  • お菓子用型抜き

を使います。

 

クッカーとして使うのは

  • 450mlステンレス製マグカップ
  • 300mlステンレス製マグカップ
  • シリコン製の小さいミトン

です。

 

マグカップはサイズ違いを2つ用意することによって、スタッキング出来るようにします。

そしてそれぞれのアイテムを加工するための金属用ノコギリ・サンドペーパーと、完成品を収納するための袋を準備しました。

既に持ってる人は不要です。

これで10個、合計1,000円(税抜)です。

 

加工開始

準備物が揃ったところで、早速加工していきたいと思います。

まずはストーブから。

 

自作100均ストーブ

自作ストーブの作り方は超簡単です。

 

クリームコンテナにスチールウール入れるだけ。

多分30秒もあれば作れる事でしょう。

これに燃料用アルコールを入れて火をつければ、小型のアルコールストーブになります。

 

でも今回はそれだけじゃなく、内蓋を交換します。

元々ついてる白い内蓋は、ストーブの熱で溶けてしまいます。

蓋で消化をする都合上、内蓋が熱で溶けると困るんで、シリコンカップをくり抜いて内蓋を作ります。

 

出来ました。

これでバッチリです。

 

ついでに風防兼ゴトクを作っていきます。

お菓子の型抜き(円形)を、金属用ノコギリでカットするだけです。

時間はかかりますが、これがないとストーブが使えません。

 

切り口をヤスリがけして完成です。

これでストーブ系アイテムは終わりです。

 

僕の顔ばかり映ってますが、動画のキャプチャ使ってる都合上仕方ないのでご容赦ください。

決してナルシストの人ではございません。

 

自作100均クッカーセット

続いてクッカーを作成します。

小さいマグカップの取手を切るんですが、本体に穴が開かないよう繊細な作業が必要になります。

 

金属用ノコギリで切っていきます。

 

完成です。

と言っても、ちょっと失敗しました。

取手の上の部分に穴を開けてしまったんで、容量が300mlから280mlくらいに減りました。

下の部分が穴開かなかっただけマシですけどね。

 

完成

出来ました。

適当に作った割には綺麗にスタッキング出来て良い感じです。

 

火にかけると取手が熱くなるし、そもそも1つは取手すら無いので、シリコン製のミトンで掴むようにしました。

この潔さが大事なんです知らんけど。

 

収納袋含めた総重量は221gです。

殆どステンレス製なので、ある程度重量があるのは仕方ないですね。

これがチタンだと、2/3〜1/2くらいの重量になるでしょう。

チタンは100均には売ってませんけどね。

 

完成までの様子を動画でも残してるんで、是非見てください。

 

まとめ

これが100均の底力です。

同じようなスペックのものを既製品で揃えた場合、1万円近くはするでしょう。

見た目と重量に若干目を瞑れば、たったの1,000円で自作できてしまうんです。

後はこれを実践投入するだけです。

 

使い勝手については、また追記したいと思っています。

今回はこのへんで。

シェアしてくれるあなたに感謝


オンラインサロン「Survivor’s Guild」のご案内

日本で唯一の、サバイバルスキルを磨くためのサロン「Survivor’s Guild(サバイバーズギルド)」です。

アウトドアスキル、無人島サバイバル、自給自足生活など、あなたの生存本能を高めます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です