【EXPマットUL180】フルサイズなのに145gの超軽量マット【エバニュー】

The following two tabs change content below.
カナモ
アウトドア大好きな自称「世捨てびと」。 山と自然とコーヒーと猫をこよなく愛する、The アウトドア人間。 必殺技は無人島サバイバル。 低血糖&少食で、しょっちゅう貧血を起こす。 詳しいプロフィールはこちら!

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

今まで、シュラフマットはサーマレストのZ-LITEを使っていました。蛇腹状に折り畳めるのでコンパクトに収納でき、今でも本当に気に入ってます。

しかし重量が410gあり、シュラフマットも軽量化したいと思うようになりました。

 

EXPマットUL180

まず最初に気になったのは【山と道 U.L.Pad15L】です。

175cm×50cm×1cmのフルサイズなのに、重量は僅か131gという凄い軽さです。

 

当初はこれを買おうと思っていました。

が、やはりよく探せば安くて良い物がありました。

それがエバニューの【 EXPマットUL180】です。

 

image

サイズは 180cm×49cm×0.9cmで、山と道のマットと大体同じです。

重量は145gと、ほんの僅か重くなるものの、体感できる程の差ではありません。

 

しかし値段が圧倒的に違います。

山と道 U.L.Pad15Lの5,400円に対し、EXPマットUL180は約3,000円で買えます。

多分これより安くて軽いシュラフマットは無いと思われます。

 

Z-LITEとの比較

せっかくなんで、今使っているZ-LITEと比較してみました。

まずは重量ですが

image

Z-LITEは実測値402gです。

image

EXPマットULは実測値142gでした。その差260g!約65%も軽量化しました。

image

次はサイズ感ですが、Z-LITEが横幅2cm、長さ3cm広いです。

image

収納した時のサイズも、そう大きくは変わりません。

そして肝心の保温性ですが、両方に寝転がって30分程じっとしてみましたが、若干EXPマットULの方が暖かかったです。

Z-LITEは厚さ2cmとなってますが、凹凸によって出している厚みであって生地自体の厚みは3〜4mmです。

凹凸に空気を含ませることによって高い保温性を確保しているようですが、多少地面の冷気が伝わっているのかもしれません。

 

総評

ひとことで言うなれば「これ以上良いクローズドセルマットは無い」です。

丸めて収納しにくい場合は、マットを何分割かに切ってパラコードで連結したらZ-LITEみたいに折り畳めるので、また気が向いたらこのマットを八つ裂きに処してしまおうと思ってます。

因みに、インフレータブルマットは破れが怖くてどうしても使う気になれません。重いしザックに外付できないし。

 

エバニューのマットが今は入手困難になってるみたいです。

僕も今使ってるのがボロボロになってきたんで、そろそろ買い換えようと思った矢先に知りました。

 

なので全力で代替品を探したんですが、ひとつだけ見つけました。

「EXPマットUL99」です。

早い話、同シリーズの99cmバージョンです。

 

でもこれだと全身をカバーできません。

なので、これを2つ買ってしまおうかと思ってます。

真夏のキャンプや低山なら全身カバーしなくてもあまり寒さは感じないんで、1枚だけ。

春や秋だと全身カバーしたいんで2枚。

これならパッキングサイズも最小限にできます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です