スパイスから作る!簡単なのに本格的なチキンカレー

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

アウトドア飯の代表といえば、やはりカレーでしょう。市販の固形ルウを使えば失敗せずに美味しく作れますが、一度はスパイスから作ってみたいと思った人も多いんじゃないでしょうか?

 

スパイスは面倒?

しかし、大多数の人は
「スパイスの調合なんてできないし手間もかかる」
「そもそもスパイスなんてどこで買えばええねん?」
「ちくわ大明神」

などと思っていることでしょう。でも実は皆さんが思っている以上に簡単です。

僕の作るチキンカレーのポイントは3つ!

  • 鶏肉には下味をつける!
  • バターで玉葱を炒める!
  • 味の決め手は牛乳と塩!

以上です。とりあえず適当に作りながら説明していきたいと思います。

 

The 男飯 適当カレー

まずはスパイスを調合します。カレーを作るのに、スパイスを沢山揃える必要はありません。

最低限必要なのは
「クミン」
「コリアンダー」
「ターメリック」
「チリ」
この4つだけです。

クミン

「Theカレー」というべき、基本中の基本スパイスです。クミンが無くてもカレーはできますが、無いと物足りなさが凄いです。

 

コリアンダー

パクチーとも言います。パクチーが苦手な人も結構いるみたいですが、カレーに入れると何故か殆どのパクチー嫌いが問題なく食べられます。

 

ターメリック

ウコンとも言います。カレーの色はウコンの色が強く出てるから、あの色になります。整腸作用もあり、カレーには欠かせないスパイスです。

チリ

カレーはやっぱり辛くないと!チリパウダーはカレーの辛さ担当です。しかし入れすぎると大変なことになるので、適量を見つけるまでは少しずつ調整しながら入れる必要があります。

 

調理開始

これらのスパイスを調合します。

クミン 大さじ1.5
コリアンダー 大さじ1
ターメリック 大さじ3/4
チリ 小さじ1/3

image

ザックリですが、僕はだいたいこんな感じです。

image

チキンには薄口醤油、酒、ニンニク、ショウガで下味をつけておきます。これをするのとしないのとでは、チキンの味が全っっっ然!違います。

image

とりあえず細かく切った玉葱を、そこそこ多めのバターで炒めます。いい感じに色が変わって水分が抜けてきたら、下味をつけたチキンを投入します。チキンを漬けていた汁は入れても捨ててもどっちでも。適当具合が光ります。

image

チキンの表面の色が変わったら、調合したスパイスをぶっ込みます。

image

適当に混ぜて、ここで牛乳をいれます。

牛乳!?と思われるかもしれませんが、牛乳を入れずに同じカレーを作ったら、その必要性が良くわかると思います。
牛乳を入れることによって、スパイシーながらも適度なまろやかさが出ます。スパイスの角も取れて柔らかくなるので、スパイススパイスしすぎたカレーが苦手な人は、牛乳が絶対にオススメです。

因みに、僕は牛乳の半分から1/3程度の量の水を追加します。牛乳が濃すぎるとスパイス感が無くなりすぎるので。

image

とろみをつける為に、水溶き片栗粉を少量入れます。いつもはジャガイモをすりおろしてとろみをつけてますが、今日はジャガイモが無かったので。

image

最後の仕上げに塩を入れます。塩加減で味が全く変わるので、非常に重要なポイントです。

初めて作る人は、思ってるよりもかなり多めに入れて丁度くらいです。2〜3人前だと、小さじ1〜2/3くらい入れる感じでしょうか。

塩分過多?知りません僕低血圧なんで。

image

完成です。因みにジャスミンライスを使ってます。日本の米よりカレーに合います。固形ルウで作るカレーとはひと味もふた味も違うカレーが、こんなに簡単に作れるんです。

僕は料理が好きな方なんでそこそこ料理は作るんですが、カレーに関してはもう5〜6年は固形ルウを使ってません。

 

スパイスはどこで買える?

肝心のスパイスの購入場所ですが、僕はいつも神戸で買ってます。

  • KOBE HALAL FOOD
    殆どのスパイスはここで買ってます。近場の人は是非行ってみて下さい。生田神社の北にあります。
  • 神戸グロサーズ
    KOBE HALAL FOODのすぐ南にある輸入食品の店です。スパイス以外にも多種多様な食品があり、平気で1時間くらい潰せます。僕の大好きなルートビア(Dr.ペッパーの上位互換的なジュース)を置いてる数少ない店のひとつです。

この2店舗を回れば、必要なものは全て揃います。

近くに店舗が無い人は、通販でも結構安くスパイスが手に入ります。

 

固形ルウも勿論美味しいんですが、自分だけのオリジナルカレーはもっと美味しく感じます。

是非お試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です