【安い】話題の防水透湿素材「タイベック」で作るシュラフカバー

タイベック シュラフカバー

スポンサードリンク

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

山で寝る時は、殆どの人は小屋泊かテント泊にすると思います。小屋泊だとテント分の重量が軽くなるし、テントは個室状態で快適です。でも僕は自然を感じながら寝るのも面白いんじゃないか?と思い、シュラフカバーとタープで寝る方法を考えるようになりました。

しかし、シュラフカバーもタープも、市販品を買えば結構いい値段します。

「それならば自分で作ってまえ!」と、いつもの思考回路が働き、早速取り掛かることにしました。

 

タイベック製自作シュラフカバー

シュラフカバーとは、シュラフを水濡れから守るもので、大抵は防水透湿素材でできています。使っている素材のせいもあり、安くはありません。例えばfinetrackのポリゴンシールド 1×1ULは30,000円を軽く超える値段なので、残念ながら僕には買えません。

色々と調べた結果、「タイベック」という建築用の防水シートが安くて使えると知り、早速購入しました。

とりあえず余裕を持って1m×6mを準備し、ふんわりした設計図を基にザックリと作りました。で、完成品がこちらです。

特別協賛:姉

image

外観はこんな感じです。
モンベルのシュラフに合わせて設計しましたが、とりあえず形にはなってます。

image

夏場の虫の多い時期でも使えるよう、マジックテープで取り外し可能なメッシュをつけました。

image

頭と足の部分にはマチをつけ、シュラフのロフトを阻まないようにしています。

image

ジッパーは内側から開くようにしました。本当は両面ジッパーが最適なんですが、素材を購入する時にそこまで頭が回っていませんでした。でもまぁ使えるんで問題ナシということにします。

image

ついでに専用スタッフバッグも作りました(姉が)。やっぱり自作するならトコトンまでやりたいですよね(姉が)。

image

重量はスタッフバッグ込みで211gです。世界最高レベルの軽量性を謳っているモンベルのU.Lシュラフカバーでさえ208gなんで、軽さだけならこの自作品も世界最高レベルです。

素材がツルツル滑るんで、マスキングテープで止めてから縫わないと上手くいかないことが判明しました。もしタイベックで何か作る人は参考まで。

まだできたばかりなので、使用感は追って報告したいと思います。

また、タープは別の素材で作ろうと思ってます。完成次第ブログにアップするのでお楽しみに。

 

追記

余ったタイベックシートで、クッカーのスタッフバッグを作ってみました!

詳しくはこちらの記事にて。

日本最大級の品揃え 登山用品専門店の好日山荘《公式通販》

スポンサードリンク

タイベック シュラフカバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です