材料費200円!超簡単に作れるアルコールストーブ

The following two tabs change content below.
カナモ
アウトドア大好きな自称「世捨てびと」。 山と自然とコーヒーと猫をこよなく愛する、The アウトドア人間。 座右の銘は「トライアル&エラー」「マジハマリコスメランキング」 詳しいプロフィールはこちら!

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

以前、グルーブストーブを自作した記事を上げました。アルミ缶だけで作れるので、安くて超軽量な自作ストーブの代名詞のような存在ですが

  • 強度がかなり低い
  • 細かい作業が苦手な人には作るのが大変
  • 作り方によってはアルコールが蒸発しすぎてストーブが火だるまになる

などのデメリットがありました。なので、誰にでも作れて安全且つ軽量・コンパクトなストーブを作れないかと試行錯誤した結果、こんなんできました。

 

クリームコンテナストーブ

同じような物を作ってる人が他にもいるかもしれませんが、勝手に命名しました。

image

材料は2つ。

  • アルミ製クリームコンテナ
  • スチールウール
    です。

両方とも100均の商品です。スチールウールの代わりにカーボンフェルトを使ってもいいんですが、とりあえずコスト重視ということで。

では作ります。

image

スチールウールを手で千切ってクリームコンテナに入れる!以上!!

誰でも絶対作れます。逆に作れない人がいたら教えて欲しいです。

image

スチールウール、コンテナ合わせても11gです。間違いなく最軽量クラスですね。

image

サイズも非常にコンパクトなので、パッキングに苦労はしない筈です。コンテナ自体が頑丈なので、別でケースを用意する必要もありません。

 

燃焼実験

早速アルコールを入れて火をつけてみました。

image

グルーブストーブに比べると火力は低く、固形燃料のストーブに近いです。しかしその分長く燃焼し続けます。

これで炒めものを作るのは不可能ですが、湯沸かしや飯盒炊飯ならできそうです。

image

消化方法も非常に簡単で、蓋を被せるだけです。やけどには注意して下さい。

image

蓋の裏の白いクッション材が熱で溶けそうなので、100均のシリコン製カップを切り抜いて入れ替えました。こうすることで、気密性と耐熱性がアップしました。

後はこのストーブにピッタリのゴトクを探したいと思います。近いうちに追記するので乞うご期待。

2 件のコメント

  • このところ貴方の投稿を参考に自分も製作してみようと 適当なコンテナ缶を探しています。セリアでアルミ缶を見つけましたが セリアのは画像より幾分小さめな感じでした。 恐れ入りますが缶のサイズを記載していただけると助かります。 次にコンビニで良さげなアルミ缶みつけたのですが、容器に入っている中身が売り物でした。それはコンドーム入りの缶でした。小生はもう老人なのでコンドームに用はありませんので なくなく諦めました。

    • みみずく ホーホー 様

      コメントありがとうございます!

      僕が使ったのもセリアのクリームコンテナ(30g)だったと記憶しています。
      サイズは直径が5.5cm程です。

      この手のストーブは携帯性が売りだと思ってるんで、僕はクリームコンテナサイズで丁度かなと感じています。

      火力もまあまあ出るし、おすすめですよ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です