【グルーブストーブ】アルコールストーブを自作してみた

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

お湯を沸かす程度なのに、ガソリンストーブやガスストーブを山に持って行くのは、非常に面倒ですよね。もっと小型で軽量なストーブが良いと思うことは少なからずある筈です。

という訳で、アルコールストーブを作ってみました。

 

超簡単!グルーブストーブ

アルコールストーブの中でも、僕が作ったのはグルーブストーブというもので、かなり簡単に作ることができます。

材料は100mlのアルミ缶。使う道具はハサミ、カッター、紙、油性ペン、ヤスリです。

 

制作開始

詳しい作り方は、youtubeで「グルーブストーブ 作り方」と調べてもらった方が分かりやすいと思うので、制作風景だけを載せていきます。

グルーブストーブがどんな物か、イメージだけでも掴んでもらえたらと思います。

image image image image image image

こんな感じです。

使う燃料はメチルアルコールかエチルアルコール。ドラッグストアに売ってる燃料用アルコールが1番手っ取り早くて安いと思います。

 

追記

その後、誰でも失敗無く超簡単に作れるストーブを作ってみました。

火力はグルーブストーブには及ばないものの、固形アルコールストーブと同じような感覚で使えるので、ちょっとお湯を沸かしたい時なんかに便利です。しかも材料費は200円でいけるので、コスパは最高です。

是非一度お試しあれ。

材料費200円!超簡単に作れるアルコールストーブ

2015.11.07

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です