絶対に食べてはいけない!食べたら召される超コワい毒キノコ7選

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

そろそろ秋山登山のシーズンですが、秋と言えば「食欲の秋」ですよねやっぱり。

しかし、間違っても食欲を働かせてはいけないものがあります。
それは「毒キノコ」です。

 

僕も世捨てびとを自称していますが、命まで捨てたくないんで、キノコには絶対に手を出しません。キノコ採集を何十年もやってる人でさえ間違えて死ぬことありますからね。

今回はそんなデンジャラスな毒キノコの数々を、僕なりに分かりやすく紹介したいと思います。

当たり前ですが悪用厳禁です。

 

カエンタケ

出典:ja.wikipedia.org

出典:ja.wikipedia.org

もう完全に殺しにかかってるキノコです。見た目が如何にもって感じでしょ?

  • 致死量3gという抜群の性能
  • 近づいただけで肌がただれる
  • 食後30分程度で発症し、腹痛、発熱、嘔吐、下痢、しびれなど色んな症状を楽しませてくれる
  • 2日後に消化器系が音を上げ、脳が萎縮して天にも昇る勢い。ってか昇る

思春期の男子よりも近づくなオーラが出まくってます。

 

ドクツルタケ

出典:kinokonojikan.com

出典:kinokonojikan.com

無害そうな見た目とは裏腹に、食べたらエゲツない死に方をします。別名「死の天使」と言われる最恐のキノコです。

  • 致死量は大人で1本(8g)
  • 肝臓、腎臓をスポンジのようにトランスフォームさせて破壊する
  • 一旦症状は治まるが、数日から1週間後に召される
  • キノコ中毒死は選ばれ続けてNo.1

コ◯ン「ペロッ。これは…ドクツルタケ!」〜昇天〜

 

ドクササコ

出典:blog.goo.ne.jp

出典:blog.goo.ne.jp

如何にも食べられそうな見た目ですが、食べたら向こう1ヶ月は後悔し続けます。

  • 潜伏期間1〜7日で、症状がでたら時既に遅し
  • 末端部(男性器含む)が赤く腫れ、激しい痛みに1ヶ月悶え苦しむ
  • どんな痛み止めも効かないという気の利いたサービス付き

特に男性を恐怖のどん底に陥れるチ◯さむキノコです。

 

シャグマアミガサタケ

出典:dokukinoko.e840.net

出典:dokukinoko.e840.net

もう見た目からしてヤバそうなキノコですが、それでも食べてみるチャレンジャーはいます。「キクラゲっぽくね?」とか思って食べるんでしょうかね。知らんけど。

  • 食後7時間程で素早く発症し、腹痛、嘔吐、下痢、痙攣などを起こす
  • 体内の至る所から出血大サービス。重篤な場合は2〜3日で昇天
  • 煮たら気化して拡散。これを吸い込むだけても発症するマルチプレイヤー

もう見た目脳みそみたいやし。コワイ。

 

コレラタケ

出典:sapporokinoko.seesaa.net

出典:sapporokinoko.seesaa.net

名前がもうヤバいです。見た目は食べられそうなのでギャップ萌え

  • 食後10時間程でコレラに似た激しい下痢。しかし1日で症状は治まる
  • 4〜7日後に不死鳥の如く復活。肝臓、腎臓などがクラッシュ。最悪の場合昇天
  • 有毒成分は加熱しても健在。キノコ界のトリックスター

人は見かけによりませんが、キノコの比ではありません。

 

ニセクロハツ

出典:blogs.yahoo.co.jp

出典:blogs.yahoo.co.jp

クロハツや椎茸と間違いやすく、毎年のように中毒者が出ています。温和な見た目に反して、殺る時は殺るキノコです。

  • 死に瀕するのは2本以上と、比較的親切設計
  • 食後30分程で嘔吐下痢、18〜24時間で筋肉ドロンドロン&血管大渋滞
  • 生物が生成する毒の中で最小。血液ろ過でも太刀打ち不可能

ズル休みにも使えません。

 

タマゴテングタケ

出典:kinokonojikan.com

出典:kinokonojikan.com

別名「Death Cap」と言われる強烈な毒キノコです。シロタマゴテングタケ、ドクツルタケに並んで「毒キノコ御三家」と言われています。主に北海道が彼らの仕事場です。

  • 食後24時間程度で腹痛、嘔吐、下痢の定番コース
  • 初期症状が収まって数日後に肝臓、腎臓をぶっ壊す時間差攻撃
  • シロタマゴテングタケも似たような症状で、白いだけ

時間差攻撃といえば「東洋の魔女」か「タマゴテングタケ」です。

 

まとめ

ここで紹介した毒キノコは氷山の一角です。
この何十倍も毒キノコは存在し、常に人間を脅かし続けています。

これを見てもまだ拾ったキノコ食べたいですか?

サバイバルには必須!飲み水と食べられる野草を確保する確実な方法

2016.09.15

 

2 件のコメント

  • カエンタケですが近づいたらただれるのではなくて、正確にはカエンタケの分泌物に触れたらただれるのであって、完全に乾燥していれば触れることは可能です。(それでも食えば死ねます)
    それとドクツルタケも数日から一週間にかけて苦しむのではなく、一晩で1度おさまり約一週間後に吐血しながら死ぬものです。
    あとクサウラベニタケで昇天はしません。

    • だれかさん様

      コメントありがとうございます。

      >>カエンタケですが近づいたらただれるのではなくて、正確にはカエンタケの分泌物に触れたらただれるのであって、完全に乾燥していれば触れることは可能です。
      →そのつもりで書いています。遭遇したカエンタケが全く傷のない状態とは限らないので、触れなければ大丈夫という認識を持たないようにという意味を込めました。分かりにくい書き方ですいません。

      >>それとドクツルタケも数日から一週間にかけて苦しむのではなく、一晩で1度おさまり約一週間後に吐血しながら死ぬものです。
      →これは完全に間違えてました。ご指摘ありがとうございます。早速直したいと思います。

      >>あとクサウラベニタケで昇天はしません。
      →なるほど。ではこの記事の主旨に外れるので削除しておきますね。

      ご指摘ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です