手軽で美味しい水出しコーヒーの作り方【アウトドアにもおすすめ】

The following two tabs change content below.
カナモ
アウトドア大好きな自称「世捨てびと」。 山と自然とコーヒーと猫をこよなく愛する、The アウトドア人間。 必殺技は無人島サバイバル。 低血糖&少食で、しょっちゅう貧血を起こす。 詳しいプロフィールはこちら!

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

コーヒー好きの皆さん、ついにこの季節がやってきましたね。

そう、水出しコーヒーが美味しい季節です。

 

僕はコーヒーが好きなんですが、その中でも夏の水出しコーヒーが抜群に美味いと思ってます。

今回は水出しコーヒーについて、色々と語っていきたいと思います。

コーヒー好きはdon’t miss it.

 

水出しコーヒーが美味い

なぜ水出しコーヒーが美味しいのか、その根拠を簡単に説明したいと思います。

美味しいのにはちゃんと理由があります。

 

カフェイン少なめ

カフェインは、水よりもお湯のほうが抽出されやすいという性質があります。

つまり水出しコーヒーはカフェイン少なめに作れるってことです。

 

僕は以前急性のカフェイン中毒になったことがあるんですが、それ以来コーヒーの量を制限してました。

でも水出しコーヒーなら、もう少し多めに飲めるんで、ありがたいです。

 

タンニン控えめ

カフェインと同じように、水出しコーヒーではタンニンもあまり抽出されません。

コーヒーの雑味は、タンニンの仕業です。

どうせ飲むなら、雑味だらけのコーヒーよりも、コーヒー本来の味が楽しめる方が良いですよね。

 

少ない道具で超簡単に作れる

更に、水出しコーヒーはお湯での抽出と違い、使う道具も少なくて済みます。

必要なのは以下のアイテムと、コーヒー豆だけです。

 

コーヒーミル

最初から粉になってる豆を買うのも良いんですが、それだと時間とともにどんどん風味が落ちていきます。

なので挽いてない豆の状態で買うのをおすすめします。

そうなると必要なのがコーヒーミルなんですが、僕はポーレックスのコーヒーミルを強くおすすめします。

  • 軽量
  • コンパクト
  • セラミック刃
  • 分解洗浄可能
  • シンプル

一度に挽けるのは2人分が限界ですが、この容量で困ったことはありません。

 

 

水出し用ボトル

水出しコーヒーを作るには、フィルターが付属した水出し用ボトルが必要です。

一般的によく使われているのは、プラスチック製のシンプルなものです。

洗浄がしやすく、落としても割れないので便利ですね。

 

ただ、保冷力は皆無です。

外に持ち出すなら、保冷力のある真空ボトルに移し替えた方が良いですね。

 

 

コーヒー豆

コーヒー豆は、水出し専用のものが売られています。

個人的にはカルディのアイスブレンドがコスパ高いと思います。

苦味がしっかりしてて、雑味や酸味はかなり控えめです。

僕は好きな味ですね。

 

水出し用の表記がない豆でも、イタリアンローストやフレンチローストなど、深煎りのものならいけます。

浅煎り豆で作ると、ただの酸っぱい水にしかなりません。僕はすごく嫌いな味です。

 

美味しい水出しコーヒーの作り方

せっかくなんで、僕が普段やってる水出しコーヒーの作り方を紹介したいと思います。

 

まずは豆を挽きます。

ポーレックスのコーヒーミルミニなら、満タンにして水を400mlくらいがちょうどです。

 

今回はこのくらいの荒さにしましたが、もう少し細かく挽いてもいいと思います。

なんせ水出しは雑味が出にくいんで。

 

次は水を入れます。

僕は常温の水道水を使ってるんですが、こだわる人ならミネラルウォーターとかでも良いと思います。

 

水を入れた直後です。

この状態で飲んでもクソ不味いだけです。

 

冷蔵庫で8時間冷やして出来上がったものがこれです。

もう美味い。

 

  1. 豆挽く
  2. 水入れる
  3. 冷蔵庫で8時間冷やす

たったこれだけです。

簡単でしょ?

 

アウトドアにおすすめ

登山やキャンプなど、夏のアウトドアアクティビティのお供としても、水出しコーヒーはおすすめです。

サッパリとした味わいが、なんか海とか山と合ってません?

理由はそれだけです。超薄っぺらい。

 

でも実際山で飲む水出しコーヒーって、凄い美味しく感じるんですよ。

いい汗流してるという相乗効果もあり、カフェで飲む味とは比較にならないくらい絶品です。

 

水出しコーヒーのデメリット

良いことづくめな水出しコーヒーですが、唯一にして最大のデメリットは「抽出にめっちゃ時間かかる」という点です。

量や豆の種類にもよりますが、出来上がるまでに8時間ほど必要です。

急に思い立ってコーヒーを飲むというのができないので、水出しコーヒーは計画的に作る必要があります。

 

ただ、多分夏に水出しコーヒーを飲む人は、ほぼ毎日作ってるんじゃないでしようか?

毎日の作業として習慣化してしまえば、そんなにデメリットとは感じなくなりますからね。

 

まとめ

  • コーヒーは毎日でも飲みたい
  • カフェインの摂取量を抑えたい
  • 暑い夏はスッキリしたコーヒーが良い

という人には、水出しコーヒーがおすすめです。

抽出に時間がかかるというデメリットも、習慣化してしまえば問題ないでしょう。

是非試してみてください。

2 件のコメント

  • はじめまして。この記事を読んでさっそく同じ容器を買いに行きました。!明日から水出しコーヒーです!\(^o^)/
    私もサバイバル好きで、水の確保や食べられる雑草など知識豊富な人のホームページを渡り歩いています!
    体に良いことも好きで、今効果の出ていることはすりおろしトマトに少しのオリーブオイルとニンニクを入れて飲むことと、炊いたご飯に大豆の水煮とひじきを入れて保温したものを毎日食べてます!肌が若返ります!.(*^_^*)

    • 朝倉 ひでちゃん 様

      おお!同志ですね!!
      コーヒーもサバイバルも、知識やスキルを深めれば深めるほどドツボに嵌りますよねww

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です