これを基準にしてヘッドライトを選べば間違いない!!

The following two tabs change content below.
カナモ
アウトドア大好きな自称「世捨てびと」。 山と自然とコーヒーと猫をこよなく愛する、The アウトドア人間。 必殺技は無人島サバイバル。 低血糖&少食で、しょっちゅう貧血を起こす。 詳しいプロフィールはこちら!

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

キャンプや縦走登山、ナイトハイクなどには「ヘッドライト」が欠かせません。

まぁ普通に考えたら、真っ暗闇の中をライトも無しで行動するなんて、気が触れたとしか思えないですよね。

 

しかしヘッドライトにも相当沢山の種類があります。

そこで今回は、僕の今までの経験から、どんなヘッドライトがオススメなのかを紹介したいと思います。

 

なぜヘッドライトなのか

そもそも、何故懐中電灯じゃなくてヘッドライトなのかという点ですが、答えはシンプル。

両手が空くから。

まぁ分かりきってることですけどね。

 

頭につけることによって、視界をキチンと照らしてくれるという理由もあります。

登山で懐中電灯使ってる人なんていないですよ。

 

キャンプにもヘッドライトはおすすめです。

 

電池か、充電か

ヘッドライトには、電池式のものと充電式のものに大別できます。

電池式は、電池交換すれば使い続けられますが、ゴミが出るのとランニングコストがかかります。

充電式は、ランニングコストがほぼかからないですが、充電しながら使えないし、例え使えたとしても防水性がなくなります。

 

正直なところ、電池式も充電式も大差ないです。

最近ではモバイルバッテリーを携帯してる人が多いんで、充電式の方が使いやすいかもしれないですね。

 

ただ、僕はずっと電池式を使ってます。

西表島の奥地で遭難した事があるんですが、真っ暗闇のジャングルを10時間以上歩き続けて、途中でライトの電池が切れました。

その場で電池をササっと交換したんで問題なかったんですが、充電式だとそうはいかなかった筈です。

一刻も早く目的地に到着しなければならない状況で、ヘッドライトの充電待ちなんて出来ないですからね。

長〜いUSBケーブルでも持ってれば、ザックに入れたモバイルバッテリーから給電しつつ使えたかもしれませんが。

 

明るさはどれくらい必要?

ライトの明るさは「ルーメン(lm)」という単位で表します。

一般的なキャンプや登山だと、150〜200ルーメンを基準にして選べば間違いないですね。

使ってみれば分かりますが、これでもかなり明るいですよ。

 

それよりも明るすぎるとバッテリー消費が激しくなるし、逆に50ルーメンとかだとかなり暗いです。

明るさ調節ができる物がほとんどなんで、必要に応じて調節すればオッケーです。

そうするとバッテリーの節約にも繋がりますし。

 

僕が使ってるのはこれ

僕が使ってるヘッドライトを紹介したいと思います。

 

これです。

めっちゃ安いやつですが、なんの問題もなく使えてます。もう3年目ですね。

  • 最大168ルーメン
  • IPX6防水
  • 白色灯3段階+点滅
  • 赤色灯+点滅
  • ジェスチャーモード
  • 単四電池3本

アウトドアで使うには申し分ない性能です。

 

特に凄いのが「ジェスチャーモード」です。

グローブをつけていて細かい操作が出来ない時などは、あらかじめジェスチャーモードに設定しておくことで、ボタンに触れなくてもライトのON/OFF操作ができるんですよ。

手が汚れてる時なんかにも良いですね。

 

予備の電池、モバイルバッテリーを忘れずに

1泊程度のキャンプやテント泊では必要ないかもしれませんが、基本的には必ず予備の電池やモバイルバッテリーを用意してください。

特に登山では何があるかわかりません。

日帰り予定だったけど、道に迷って3日間遭難なんてことも十分考えられます。

 

大切なのは、不測の事態に陥っても生き延びられるだけの道具と覚悟を用意しておくことです。

 

まとめ

僕の基準で考えるならば

  • 電池式
  • 150〜200ルーメン
  • ジェスチャー機能付き
  • 防水性能IPX6以上
  • 赤灯付き

これくらいの性能のヘッドライトがベストです。

あとはあなたのアウトドアスタイルに合わせて、充電式にしたり、もう少し明るいものにしたりと、細かく調整していけば問題ないです。

 

真っ暗な山の中で遭難した時、ヘッドライトの明かりにどれほど救われたことか。

勿論アウトドアだけじゃなく停電時や被災時にも重宝します。

ひとりにつき1つは備えておくべきですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カナモ

アウトドア大好きな自称「世捨てびと」。 山と自然とコーヒーと猫をこよなく愛する、The アウトドア人間。 必殺技は無人島サバイバル。 低血糖&少食で、しょっちゅう貧血を起こす。 詳しいプロフィールはこちら!