最強のクッカー「メスティン」で旅の食事は楽しくなる!

どうも!自称「世捨てびと」のカナモです!

登山やテント泊をする上で非常に重要なのは「食事」です。どうせ作るなら美味しい方が良いし、便利に越したことはありません。

現在のトレンドはチタン製のクッカーです。圧倒的な軽さと、使い込むことによってできる焼き色が人気の秘訣でしょうか。

しかし僕はマグカップ以外にチタンは使いません。以前の記事でも少しだけ触れましたが、チタンはアルミやステンレスに比べて熱伝導率が低いです。

ここでよく誤解されがちなんですが、熱伝導率が低いからチタンは温まるのが遅いのかというと、実は全く逆です。チタンは素材の強度が高く、他素材よりも薄く作ることができるため、他素材のクッカーよりも早く暖まります。しかし熱伝導率の低さゆえに、火のあたっている所とあたっていない所の温度差が大きく、火のあたっている場所だけ焦げ付いたりします。更に素材が薄いと水平方向への熱の移動が弱くなり、温度差に拍車をかける状態となっています。

フライパンのようにクッカーを振りながら作る料理はできますが、基本的に動かすことのない飯盒炊飯には絶望的に向いていません。チタンは焦げ付きやすいというイメージはこの特性の為です。僕はクッカーで米を炊くつもりなんで、チタン製クッカーは僕には向いていません。

 

そしてチタン製クッカーを使わない一番の理由は「価格が高い」から!

僕は「安くて良い物」にこだわってアイテム探しをしています。高くて良いのは当たり前なので何の興味も湧きません。安くて良い物に出会った時の興奮と感動は病みつきになります。

 

安くて使える最強のクッカー

そんな僕の選ぶ最強のクッカーはメスティン(ラージメスティン)です。

s_wpid-wp-1421158502832

殆どのクッカーは丸型で、ガスカートリッジが中にすっぽり収まるような大きさのものが人気です。しかし実際にパッキングしてみれば分かりますが、丸型は意外な程場所を取ります。

ペットボトルで考えたら分かりやすいですが、円筒形のペットボトルを箱詰めした時は沢山の隙間が生まれますが、角型のペットボトルなら殆ど隙間はなくなります。パッキングに適した形は間違いなく四角です。

メスティンは見た通りの角形で、パッキング性能は抜群です。

s_wpid-wp-1421158519476

しかも袋ラーメンが二食分入ります。バイク旅ではこの袋ラーメンが活躍するので、そのまま収納・調理できるというのは非常に重要なポイントなんです。

勿論飯盒炊飯もできます。今まで使ってきた丸型クッカーとこのメスティンだけあれば、もう僕に死角はありません。

s_wpid-wp-1421158530084

因みに買ったばかりのメスティンは縁の部分がガリガリなんで、ヤスリで削って滑らかにすることをオススメします。下手したら口を怪我する可能性もあるので要注意です。

そしてメスティンはこんなに使いやすくて便利なのに安い!コストパフォーマンスでこれを凌ぐクッカーを僕は知りません。

一度使うと、絶対にその良さが分かります。

 

追記

その後、米を炊くことが無くなったので、今はチタンクッカーをメインで使うようになりました。
今は装備をどんどんミニマル化していってます。

日本最大級の品揃え 登山用品専門店の好日山荘《公式通販》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です