【ツインゲートカラビナ】クライミング用カラビナの新しい選択肢【グリベル】

グリベル ツインゲートカラビナ

スポンサードリンク

少し前、グリベルから発売された
「ツインゲートカラビナ」
というものが気になってました。

登山用品店ではまず見かけることがないんで、通販でゲットすることに。

見た目は僕の大好きなアイアンマンカラーで、もうそれだけで買って良かったと感激してます。

image

僕が買ったのは
「シグマK8G」
というカラビナです。

image

ゲートが二重になっていて、外のゲートは外に、内のゲートは内に開くようになっています。

これは中々画期的なカラビナで、重量・耐荷重・安全性の面で非常に優秀です。

ロック機構の必要性

本題に入る前に、何故カラビナにロック機構が必要なのかというと、

image

クライミング中、なにかの拍子にカラビナが横に向いたとします。

image

そこに上からロープが落ちてきた時、ゲートが開いて…

image

こうなります。

クライミングでは
「ロープが外れる=死ぬ」
になります。

シグマK8Gで同じ状況になった場合、

image

外のゲートは外側にしか開かないため、ロープは外れません。

他のカラビナと比較

今までのカラビナは

  • フリーゲート
  • スクリューロック
  • オートロック

主にこの3つだと思います。

どれほど優秀なのか、他のカラビナと比べてみました。

image

比較したのはこの4つ。
左から

  • トランゴ ビッグD(スクリュー)
  • マウンテンダックス カラシンダブルロック(オートロック)
  • ロックテリクス テトンストレート(フリー)
  • グリベル シグマK8G(ツインゲート)

耐荷重

耐荷重で1番大事なのは、ゲートを閉じた状態の縦方向の強さです。

  • ビッグD 28kN
  • カラシンダブルロック 23kN
  • テトンストレート 25kN
  • シグマK8G 30kN

シグマK8Gはゲートが二重という特性上、強度も高いということだと思います。

重量

image

まずビッグDです。
ビッグというだけあって重量も72gと重いです。

image

次はカラシンダブルロック。
66gですが、ロック機構のあるカラビナとしては普通の重量です。

image

テトンストレートです。
56gですが、ロック機構が無いので軽いのは当たり前ですね。

image

そしてシグマK8Gです。
ロック機構付きなのにテトンストレートと同じ重量です。
耐荷重30kNでこの重量は凄いです。

総評

これは良いカラビナです!!

僕はしないんですが、アイスクライミングでオートロック式カラビナを使った場合、内部のロック機構が凍りついて使えないらしく、必然的にスクリューロックになりますが、ツインゲートカラビナならアイスクライミングでも使えるし、機構がシンプルなぶん軽量で頑丈です。

勿論トップロープやリードクライミングにも使えます。

簡単に操作できて安全性も高いという、カラビナの完成形という気がします。

何よりカラーリングが最高です。

スポンサードリンク

グリベル ツインゲートカラビナ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です